2015年11月27日 (金) | Edit |
これまで当ブログで何度も紹介してきた
「おトクなナイト」
ですが、このプランは夜間に電気を多く使う家庭いわゆる
「共働き世帯」
「一人暮らし世帯」

にとってはかなりお得な料金プランであるということを紹介してきました。

しかしこのプランが
「2016年3月31日で新規の受付を終了」
ということです。

これが先日東京電力から送られてきたチラシの一部です。
otokuhaisi_00.jpg
こちらは良い方の記事です。電力自由化でポイントサービスを充実させるとのことでお得感を出しています。
otokuhaisi_01.jpg
こちらが今回記事にしている新規受付終了の記事です。この記事を見ると
「新たなプランを順次公表」
とあるので、もしかしたらおトクなナイトの後継のプランも出てくるかもしれません。

もしこれらプランが公開されるようでしたら改めて記事にしていきたいと思います。
そして、後継のプランがおトクなナイトと比べて劣っているようでしたら、プラン変更を検討されている方は来年の3/31までにおトクなナイトに加入することをお勧めいたします。

とりあえずは後継のプランの公表を待ちたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2015年11月17日 (火) | Edit |
これまでSPモードはドコモ端末専用のプロバイダとして、SIMフリー端末など他社製の端末にドコモのSIMを差して使用する場合はmoperaからの通信しか出来ませんでした。

しかしながら今現在はその縛りが撤廃されて
「他社製端末でもSPモード経由の通信が可能」
になったようです!
hachik0h 様貴重な情報ありがとうございました。

設定方法はAPNの部分に
「spmode.ne.jp」
と入力し、他は何も入力しないで大丈夫です。

さてこれで何が良くなったのでしょうか。まず考えられることは
「moperaの契約の必要がなくなった」
ということです。

しかしこれよりももっと大きなメリットがあるのです。それは
「ドコモメール化が他社製でも出来るようになった」
ということなのです。

これまでガラケーのiモードメールのドコモメール化は
「FOMA通信可能なドコモスマホ」
が必要だったのですが、これが
「FOMA通信可能なスマホ(他社製含む)」
で良くなったのです。

このFOMA通信可能なスマホですが、端末によってはLTE通信しかできないSIMフリー端末もあるようなので、その辺は要注意な部分だと思いますので、ご確認いただければと思います。

ただこれで少しはドコモメール化の敷居が下がったと思いますので、2台持ちでドコモメールを維持したい方には朗報だと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2015年11月01日 (日) | Edit |
今回は毎月恒例の
「レラティブ・ストレングス投資」
の運用報告をご報告したいと思います。

1.運用成績
評価日レラティブ・ストレングス野村インデックスF新興国株式
評価額投資額損益率評価額投資額損益率
11月1日992,289801,000123.9%291,930255,000114.5%
10月1日962,751786,000122.5%261,192250,000104.5%
9月1日1,006,879771,000130.6%270,302245,000110.3%
8月4日1,069,059756,000141.4%298,593240,000124.4%
7月1日1,056,496741,000142.6%316,850235,000134.8%
6月1日1,064,763726,000146.7%322,971230,000140.4%
5月1日1,024,393711,000144.1%319,761225,000142.1%
4月1日1,011,916696,000145.4%285,112220,000129.6%
3月1日986,930681,000144.9%290,284215,000135.0%
2月1日959,821666,000144.1%276,397210,000131.6%
1月1日991,320651,000152.3%272,159205,000132.8%
12月1日954,373636,000150.1%276,556200,000138.3%
11月1日841,880621,000135.6%250,292195,000128.4%
10月1日813,952606,000134.3%249,005190,000131.1%
9月1日796,583591,000134.8%245,737185,000132.8%
8月1日759,420576,000131.8%234,663180,000130.4%
7月1日738,949561,000131.7%220,578175,000126.0%
6月1日708,825546,000129.8%213,106170,000125.4%
5月1日689,167531,000129.8%201,437165,000122.1%
4月1日659,704516,000127.8%190,639160,000119.1%
3月1日664,280501,000132.6%182,910155,000118.0%
2月1日640,457486,000131.8%173,357150,000115.6%
1月1日652,445471,000138.5%184,275145,000127.1%
12月1日612,664456,000134.4%176,672140,000126.2%
11月1日576,663441,000130.8%169,602135,000125.6%
10月1日556,595426,000130.7%156,174130,000120.1%
9月3日510,077411,000124.1%149,400125,000119.5%
8月1日491,639396,000124.2%138,975120,000115.8%
7月1日483,281381,000126.8%133,727115,000116.3%
6月1日484,985366,000132.5%141,402110,000128.5%
5月1日500,657351,000142.6%133,601105,000127.2%
4月1日455,527336,000135.6%123,244100,000123.2%
3月1日394,471321,000122.9%118,05395,000124.3%
2月1日368,301306,000120.4%113,54990,000126.2%
1月1日325,806291,000112.0%101,24185,000119.1%
12月1日289,396276,000104.9%86,75880,000108.4%
11月1日265,924261,000101.9%78,39275,000104.5%
10月2日244,348246,00099.3%72,33570,000103.3%
9月1日223,962231,00097.0%63,69965,00098.0%
8月1日206,137216,00095.4%58,31660,00097.2%
7月1日188,750201,00093.9%51,89655,00094.4%
6月1日170,180186,00091.5%46,18750,00092.4%
5月1日168,334171,00098.4%47,91645,000106.5%
4月1日156,061156,000100.0%44,37940,000110.9%
3月1日139,759141,00099.1%40,10435,000114.6%
2月1日124,735126,00099.0%31,01930,000103.4%
1月1日109,514111,00098.7%23,50125,00094.0%
12月2日94,09596,00098.0%19,67020,00098.4%
11月1日79,03681,00097.6%15,36715,000102.4%
10月1日64,19666,00097.3%8,21010,00082.1%
9月1日49,72951,00097.5%4,3835,00087.7%

2.シグナル結果
種類商品名3,6,12ヶ月
リターン順位
12ヶ月移動平均
売買シグナル
1ヶ月
リターン
日本株式ニッセイ日経225インデックスファンド2 BUY10.4
日本債券日本債券インデックスe5 BUY0.4
日本REITニッセイJリートインデックスファンド6 SELL3.3
先進国株式ニッセイ外国株式インデックスファンド3 BUYSELL10.9
先進国債券ニッセイ外国債権インデックスファンド4 SELL0.0
外国REITニッセイグローバルリートインデックスファンド1 BUY8.4
新興国株式eMAXIS新興国株式インデックス8 SELL10.0
新興国債券eMAXIS 新興国債券インデックス7 SELL5.5

先月の記事では債権以外がSELLシグナルとなって冬の時代が到来したなどと書いていたのですが、ふたを開けてみると10月は
「かなり値を戻す」
という結果でした。特に日本株と外国株については
「10%以上のプラス」
となり、結果としては売らないで保有していた方が良かった遠い感じでした。まぁこればっかりは結果論なのであまり悲観はしておらず、仕方が無いという感じです。

その結果を反映して、レラティブストレングスの方は若干のプラスにしかなりませんでしたが、先進国株式のほうは10%程値を戻しています。

さて11月のシグナルの結果ですが
「外国REIT」
「日本株式」
「先進国株式」

の順番でした。
※先進国株式はSELLシグナルでした。皆様誠に申し訳ございませんでした。

なので11月はまた投信を買い戻して、この3銘柄に均等分配していこうと思います。
このことが吉とでるか凶と出るか、できれば吉と出て欲しいのですが期待して相場を見ていきたいと思います。
※追記
皆様のご指摘を受けて、計算式を見直してみたところ、移動平均の部分を13ヶ月分で平均をとっていたことが発覚いたしました。
ご指摘をいただいた皆様大変ありがとうございました。今月は買い注文を入れてしまい3銘柄で平均をとってしまったのですが、来月以降はきちんと計算した値で売買していきたいと思います。今回は誠に申し訳ございませんでした。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★