2015年04月20日 (月) | Edit |
以前の記事で
「漢方スタイルクラブカードのnanacoチャージのポイント還元が改悪!」
でご紹介したとおり、漢方スタイルクラブカードがnanacoチャージでは使えなくなってしまったため、新たなnanacoチャージ用のクレジットカードを準備する必要がありました。

その候補の一つが、今回紹介する
「楽天カード(JCB)」
なわけです。しかしこの楽天カードですが
「VISAを持っている場合JCBのカードは持てない」
ので、ブランド切り替えを行う必要があります。今回はその方法についてご紹介したいと思います。

そのブランド切り替えの方法ですが、ブランド切り替えということは出来ず、
「VISAを解約しJCBを新規契約する」
という方法になります。以下がその具体的な手順になります。

1.楽天カードに電話をする
「0570-66-6910(営業時間 9:30-17:30)」
「092-474-6287(営業時間 9:30-17:30)」
のどちらかに電話します。そこで解約の手続きを行います。

2.2~3日待つ
上記でオペレーターから新たに発行手続きをとるには数日待ってくれと言われたのでたぶん即日の受付は出来ないのだと思います。僕の場合
「4/2に解約手続き」
「4/4に新規受付完了」

だったので、2日間待てばおそらくは受付が可能になるのだと思います。

3.新規発行を行う
楽天カードのホームページより新規発行を行います。

4.到着まで待つ
約1週間すると自宅に新たなカードが到着します。

このように約7日~10日間でブランド変更の手続きは完了しました。
なお新規カード発行に伴うポイントですが、僕の場合は既存会員と見なされたためかポイントはもらえませんでした。まぁその辺は仕方ないかもしれないです。

なにはともあれブランド変更の手続き自体は結構楽だったので、漢方改悪に伴ってお困りの方はこの方法も行ってみることをオススメいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2015年04月08日 (水) | Edit |
今回も前回の記事からだいぶ更新が遠ざかってしまったのですが、今回は
「量販店の長期保証比較」
として、第4弾の
「デジカメ、ポータブル機器などの電子機器」
についての比較をしていきたいと思います。

店名ケーズ
(有料)
ヤマダ
(有料)
ビックヨドバシ
加入料購入額
の5%
購入額
の5%
購入額
の5%
購入額
の5%
保証期間5万以上:5年
5万以下:3年
5年(*1)3年、5年5年
自己負担額0円0円0円0円
1回あたりの
保証限度額
なし※購入
金額
まで
(*2)1年目:なし
2~5年目:80%
1年目:なし
2年目:80%
3年目:70%
4年目:60%
5年目:50%
修理回数の上限なしなしなし1回
対象品目多い普通多い多い
備考0※超過した
場合は
代替品提供
(*1)品目で異なる
(*2)80%を超えた
場合は
代替品提供"
0


店名ジョーシン
(無料)
ジョーシン
(有料)
エディオン
(無料)
エディオン
(カード)
エディオン
(有料)
加入料無料購入額
の3~5%
無料無料購入額
の5%
保証期間※5万~:5年
3万~:3年
5年※5万~:5年
3万~:3年
5年5年
自己負担額0円0円0円0円0円
1回あたりの
保証限度額
1年目:なし
2年目:50%
3年目:30%
4年目:20%
5年目:10%
※累計の
修理金額が
購入金額に
達するまで
(超過の場合
修理可能
残額分を
ポイント還元)
※累計の修理金額が
購入金額に達するまで
(超過分は自己負担)
修理回数の上限なし上記参照上記参照
対象品目少ない多い少ない多い少ない
備考※3万以上
(税込)
の商品のみ。
※WEBでの
取扱い無
0000

電子機器類の保証内容の特徴については以下の通りです。
1.ケーズとヤマダは無料保証の対象品目外
ケーズとヤマダの無料保証の対象品目は実はあまり多くないです。なのでデジカメなどは無料保証の対象品目外になってしまいます。なのでケーズとヤマダで購入する場合は有料保証をつけないと保証対象外となります。

2.ジョーシン、エディオンの無料保証の対象品目も少ない
これら2つもデジカメは保証対象になっているのですが、デジカメ以外の品目についてはなかなか厳しい状況です。やはり電子機器に保証を付けたい場合は基本的には有償保証が前提となるようです。

3.ゲーム機が対象品目になっている店舗はわずか
この中でゲーム機が補償の対象となっているのは
「ビック」
「ヨドバシ」

の2つです。しかしヨドバシは修理回数が1回なので、ゲーム機を購入する場合はビックカメラで購入するのが良いです。

これらをまとめると電子機器の場合は以下の様な評価になると思います。
【最強】ビックカメラ
ビックは対象品目が多く、内容も充実してますので電子機器部門では最強です。
【次点】ヤマダ電機(有料)
対象品目はビックに及びませんが5年間きっちり保証してくれます。
【普通】ケーズ
ケーズが購入金額が3万以下の場合は保証期間が3年になってしまうのでビック、ヤマダの次となります。
【微妙】ジョーシン、エディオン
対象品目など悪くはないが保証内容が上記に劣る。
【最悪】ヨドバシ
ゲーム機対応なのは評価できますが、それ以外は上記に全く及ばない。

次は延長保証比較のラスト、
「パソコン編」
について紹介したいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2015年04月06日 (月) | Edit |
通信費の節約方法として以前
「LINE電話で携帯電話の通話料金を節約する」
のようにLINE電話を用いる方法をご紹介しました。

このLINE電話ですが、もう一つ重要なメリットがございまして、それが
「大体の店舗に無料で電話することが可能」
なのです。どの店舗が無料か有料かは電話番号を入力してみて下の図のように
「無料通話可能」
という表示がでれば、その店舗は無料で通話ができるということになります。
linedenwa002.jpg

そしてこの無料通話に対応している店舗ですが、私が用いている限り
「ほぼ全ての店舗に対応している」
と思います。お客様相談室の様な電話番号や超マイナーなお店などは対応していないことがおおいですが、かなりの店舗が対応しておりますので、
「飲み会の予約」
linedenwa003.jpg
「携帯電話の購入予約」
linedenwa001.jpg
などで電話をする際には僕は重宝しております。

本当に多くの店舗が無料通話に対応しておりますので、これだけでもLINE電話を使うメリットがあると思います。
皆様も是非一度ご体験されてみてはいかがでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★