2014年08月20日 (水) | Edit |
今回は前回の更新から約半年ほど経過したと言うことで、
「2014年8月の資産状況」
を紹介したいとおもいます。
mf201408.jpg
以下がこれまでの推移になります。
年月総資産預金有価証券負債
2011年10月6,363,427円1,809,261円4,961,118円406,952円
2011年11月6,271,744円1,748,082円4,839,908円316,246円
2011年12月6,885,057円1,997,606円5,090,719円203,268円
2012年1月7,170,585円2,172,398円5,175,950円177,763円
2012年2月7,284,941円1,880,009円5,648,087円243,155円
2012年3月7,995,480円1,916,992円6,166,714円88,226円
2012年4月7,767,875円1,926,716円6,072,632円231,473円
2012年5月7,360,458円1,884,711円5,771,802円296,055円
2012年6月7,983,353円2,399,827円5,676,811円93,285円
2012年7月7,915,873円2,175,661円5,842,335円102,123円
2012年8月7,534,198円1,752,141円5,896,370円114,313円
2012年9月7,701,206円1,824,174円5,978,209円101,177円
2012年10月7,325,195円1,496,294円5,991,402円162,501円
2012年11月7,827,284円1,717,312円6,215,463円105,491円
2012年12月8,754,528円2,574,384円6,299,025円118,881円
2013年1月10,342,749円1,969,490円8,523,569円150,310円
2013年2月10,836,817円1,878,015円9,172,388円213,586円
2013年3月12,149,054円3,067,994円9,228,936円147,876円
2013年5月12,051,029円5,622,276円6,555,446円126,693円
2013年6月12,187,343円6,128,139円6,310,688円251,484円
2013年7月12,209,766円6,742,124円5,701,400円233,758円
2013年9月12,538,050円4,819,817円7,926,646円208,413円
2013年12月13,217,642円5,185,093円8,421,458円388,909円
2013年3月13,032,311円4,860,550円8,171,761円0円
2013年8月12,324,709円2,997,291円9,327,418円0円
前回との大きな違いは
「現金が大幅に減った」
ことです。その原因は前回の記事にもあったのですが、
「車の購入」
です。そのようなこともあって資産が結構減る形となりました。
ただ有価証券の価格は追加購入したこともあって900万を超えましたし、現金の減少も理由がはっきりしていますので、まあまあ順調ではあったと思います。

ただ2期連続で資産を減らしているので、今度はあげていきたいなと思っております。大きな買い物はほとんど終わりましたので、順調にいけば大丈夫だと思うのですが、無理をしない程度にがんばっていきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:マネー・貯金
ジャンル:ライフ
2014年08月05日 (火) | Edit |
今現在レラティブストレングスにて投資している対象の投資信託一覧は下記の表の通りです。
種類商品名
日本株式日本株式インデックスe
日本債券日本債券インデックスe
日本REITeMAXIS国内リートインデックス
先進国株式外国株式インデックスe
先進国債券外国債券インデックスe
外国REIT野村インデックスファンド・外国REIT
新興国株式eMAXIS新興国株式インデックス
新興国債券eMAXIS 新興国債券インデックス
これらの銘柄一覧は投資を始めた2012年に作った銘柄でその時点では投資コストの低いものを選んだのですが、そのときから2年ほど経過し、色々な投資信託が出てきているので、ここらで一度販売手数料や信託報酬など
「投資コストの低い投資信託を再検討」
してみることにしました。なお比較対象の投資信託は
「SBI証券にて購入できる銘柄」
で探しておりますことをご注意ください。

1.国内株式
国内株式はこれまでは「三井住友TAM-日本株式インデックスe」でしたが、
「ニッセイ日経225インデックスファンド」
が良いようです。TOPIX連動か日経225連動で若干の違いはあるのですが、下記の通り信託報酬がかなり低くなっているので、日経225連動でもかまわなければ間違いなくおすすめです。
商品名購入
手数料
信託報酬信託財産
留保額
(新)ニッセイ日経225インデックスファンド00.270
(旧)三井住友TAM-日本株式インデックスe00.39960

2.国内債券
国内債券についてはいままでも投資対象としてきた
「三井住友TAM-日本債権インデックスe」
が一番コスト的には良いようです。
商品名購入
手数料
信託報酬信託財産
留保額
三井住友TAM-日本債権インデックスe00.39960

3.海外株式
これまでの「三井住友TAM-海外株式インデックスe」と比較して
「ニッセイ外国株式インデックスファンド」
が信託報酬が下がっており良さそうです。
商品名購入
手数料
信託報酬信託財産
留保額
(新)ニッセイ外国株式インデックスファンド00.42120
(旧)三井住友TAM-海外株式インデックスe00.540

4.海外債権
こちらについてもニッセイの
「ニッセイ外国債権インデックスファンド」
が同じジャンルの投資信託と比較するとダントツにコストが安くなってます。
商品名購入
手数料
信託報酬信託財産
留保額
(新)ニッセイ外国債権インデックスファンド00.41040
(旧)三井住友TAM-海外債権インデックスe00.540

5.国内リート
こちらはこれまでの「eMaxis国内リートインデックス」と比較して
「ニッセイJリートインデックスファンド」
が、信託報酬が安いだけではなく
「信託財産留保額もゼロ」
となっており、かなりお得です。
※こちらの銘柄はmiyabi様にご紹介いただきました。ありがとうございます。
商品名購入
手数料
信託報酬信託財産
留保額
(新)ニッセイJリートインデックスファンド00.36180
(旧)eMaxis国内リートインデックス00.4320.3

6.海外リート
海外REITについては先進国リートを対象にするインデックスファンドでは野村インデックスファンド・外国REITがeMaxisと比較すると信託報酬が安くなっています。
商品名購入
手数料
信託報酬信託財産
留保額
野村インデックスファンド・外国REIT00.5940.3
(参考)eMaxis海外リートインデックス00.6480.3
※当初は「ニッセイグローバルリートインデックスファンド」が信託報酬が安いだけでなく、信託財産留保額もなくなっており大変お得としておりましたがこちらは投資対象が新興国も含めたグローバルリートだったので候補から除外しました(MAX様ご指摘ありがとうございました)。ただコスト面で言えばこちらを投資対象とするのもありだと思います。

7.新興国株式
こちらについてはこれまで投資対象にしていた
「eMaxis新興国株式インデックスを維持」
したいと思います。これよりも信託報酬の安い
「日興-インデックスファンド海外新興国株式」
という銘柄もあるのですが、こちらは年一度ではありますが
「分配金が支給されている」
ので、投資の効率が悪くなると考え私は除外しました。
商品名購入
手数料
信託報酬信託財産
留保額
eMaxis新興国株式インデックス00.6480.3
(参考)日興-インデックスファンド海外新興国株式00.5940.3

8.新興国債権
こちらも投資コストが安いのは
「日興-インデックスファンド海外新興国債権」
なのですが、7の新興国株式の理由と同じで分配金が支給されていることからこれまでどおり、
「eMaxis新興国債権インデックス」
にしたいと思います。
商品名購入
手数料
信託報酬信託財産
留保額
eMaxis新興国債権インデックス00.6480.3
(参考)日興-インデックスファンド海外新興国債権00.56160.2

以上のことから、僕のレラティブストレングスの投資銘柄については以下の通りにしようと考えています。
種類商品名
日本株式ニッセイ日経225インデックスファンド
日本債券日本債券インデックスe
日本REITニッセイJリートインデックスファンド
先進国株式ニッセイ外国株式インデックスファンド
先進国債券ニッセイ外国債権インデックスファンド
外国REIT野村インデックスファンド・外国REIT
新興国株式eMAXIS新興国株式インデックス
新興国債券eMAXIS 新興国債券インデックス

投資コストについては、年々新しい投資信託が販売されていますので年に1度くらい検討していく必要があると感じました。
また機会をみて、同じように銘柄を見直していきたいと考えております。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:マネー・貯金
ジャンル:ライフ
2014年08月01日 (金) | Edit |
今回は、月初恒例の
「レラティブ・ストレングス投資」
の運用成果を紹介します。

評価日レラティブ・ストレングス野村インデックスF新興国株式
評価額投資額損益率評価額投資額損益率
8月1日759,420576,000131.8%234,663180,000130.4%
7月1日738,949561,000131.7%220,578175,000126.0%
6月1日708,825546,000129.8%213,106170,000125.4%
5月1日689,167531,000129.8%201,437165,000122.1%
4月1日659,704516,000127.8%190,639160,000119.1%
3月1日664,280501,000132.6%182,910155,000118.0%
2月1日640,457486,000131.8%173,357150,000115.6%
1月1日652,445471,000138.5%184,275145,000127.1%
12月1日612,664456,000134.4%176,672140,000126.2%
11月1日576,663441,000130.8%169,602135,000125.6%
10月1日556,595426,000130.7%156,174130,000120.1%
9月3日510,077411,000124.1%149,400125,000119.5%
8月1日491,639396,000124.2%138,975120,000115.8%
7月1日483,281381,000126.8%133,727115,000116.3%
6月1日484,985366,000132.5%141,402110,000128.5%
5月1日500,657351,000142.6%133,601105,000127.2%
4月1日455,527336,000135.6%123,244100,000123.2%
3月1日394,471321,000122.9%118,05395,000124.3%
2月1日368,301306,000120.4%113,54990,000126.2%
1月1日325,806291,000112.0%101,24185,000119.1%
12月1日289,396276,000104.9%86,75880,000108.4%
11月1日265,924261,000101.9%78,39275,000104.5%
10月2日244,348246,00099.3%72,33570,000103.3%
9月1日223,962231,00097.0%63,69965,00098.0%
8月1日206,137216,00095.4%58,31660,00097.2%
7月1日188,750201,00093.9%51,89655,00094.4%
6月1日170,180186,00091.5%46,18750,00092.4%
5月1日168,334171,00098.4%47,91645,000106.5%
4月1日156,061156,000100.0%44,37940,000110.9%
3月1日139,759141,00099.1%40,10435,000114.6%
2月1日124,735126,00099.0%31,01930,000103.4%
1月1日109,514111,00098.7%23,50125,00094.0%
12月2日94,09596,00098.0%19,67020,00098.4%
11月1日79,03681,00097.6%15,36715,000102.4%
10月1日64,19666,00097.3%8,21010,00082.1%
9月1日49,72951,00097.5%4,3835,00087.7%

今月はレラティブストレングスの方はやや微増でおわりました。銘柄入れ替えなどで手数料なども発生していた割にあまり価格時代が上昇しなかったのでこのような結果になったのかもしれません。一方で
「新興国株式は大幅上昇」
しまして、レラティブストレングスと同様に損益率が130%を超えてきました。この理由は7月末日時点のレラティブストレングスシグナルをご覧になると一目瞭然です。

種類商品名3,6,12ヶ月
リターン順位
12ヶ月移動平均
売買シグナル
日本株式日本株式インデックスe5 BUY
日本債券日本債券インデックスe8 BUY
日本REITeMAXIS国内リートインデックス2 BUY
先進国株式外国株式インデックスe4 BUY
先進国債券外国債券インデックスe7 BUY
外国REITeMAXIS先進国リートインデックス3 BUY
新興国株式eMAXIS新興国株式インデックス1 BUY
新興国債券eMAXIS 新興国債券インデックス6 BUY

僕がこのブログでレラティブストレングスを書き始めて以来初めて、
「新興国株式が一位」
となりました。これが新興国株式の大幅上昇の理由です。

ここ半年の間で
「日本株→先進国株」
と言う流れできていて、先進国株式についてもNYダウが最高値を更新する中で頭打ちになってきた感がありましたので、ついにここで新興国という出番でしょうか。

シグナル的には一位になりましたが、ロシアとウクライナの軍事衝突やアルゼンチンの債務問題などを考えると新興国投資は若干不安な面はあります。だたここは粛々とシグナルの指示通りに投資を行っていきたいと思います。

さて来月はどうなるのでしょうか。楽しみに行く末を見守っていきたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:マネー・貯金
ジャンル:ライフ