2014年01月29日 (水) | Edit |
以前
「医療保険は加入の必要なし~貯蓄の方が明らかにお得~」
「医療保険について~他の保険とのリスクの比較~」

で医療保険に入るのであれば貯蓄をした方が良いという今思えばなかなか過激な記事を書いております。

そんな記事を書いておりますので、僕自身も医療保険に入らない分、
「医療保険に支払う代金分を貯蓄」
していたのですが、今回はその
「貯蓄状況の中間報告」
をしたいと思います。

一般的な医療保険の金額は大体
「月に3,000円くらい」
だろうということで、毎月3,000円を公社債の投信に積み立てていました。
その結果が以下の結果です。
tyotiku20140129.jpg
はっきりいって運用益はほとんど出ていませんが3年程度(38ヶ月)
「約11万」
までたまっていました。

以前も記事に書きましたが、生命保険文化センターによると、自己負担費用の平均は22.7万円となっています。

また今の医療保険は入院日額が5,000円で1入院の支払い限度日数は60日なので、どんなに多くても
「30万以上の保険金は受け取れない」
のです。
※手術給付金などが別に発生する場合はそれ以上になることもあります。

なので、月々3,000円を貯蓄していた場合は
「6.3年で1入院の平均自己負担費用に到達」
「8.3年で日額5,000円医療保険の最高金額に到達」

することができます。

僕の場合はもう貯蓄をして3年が経過しているので、
「あと約5年で医療保険支払い分の貯蓄が完了」
することができます。

病気はいつ起こるかわからないので、何が得なのかは人によってそれぞれなのですが、一般的に保険商品というのは
「保険会社の儲けが必ず含まれている」
ので、もし貯蓄ができるのであれば、
「自分でお金を貯めた方が間違いなくお得」
なのです。

とはいえ、全く医療保険に入らないのも不安な部分はあると思います。
僕も医療保険に入らずに貯蓄をした方が良いとわかってはいるものの、家族の手前もあり、月に2,000円以下の安い医療保険には加入しております。ただし
「月に1万円もするような医療保険」
に入るのは、これまで何度も申し上げているようにもったいないと思います。
そういう場合は、今加入している医療保険を見直して、
「医療保険は必要最低限に変更」
「最低限に変更して余った資金を貯蓄に変更」

するというのも、最善の方法の一つだと思います。
この方が医療保険に全く入らないよりリスクが分散できるという利点もあります。

また、これも繰り返し申し上げておりますが、
「医療保険について~他の保険とのリスクの比較~」
で紹介したように、医療保険は生命保険ほど大きな金額を受け取ることはまずないので、そうしたことを考慮に入れながら、加入するかしないかを検討していくのがよろしいかと思います。

また医療保険代わりの貯蓄の状況が大きく変わった頃に記事にしていきたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:マネー・貯金
ジャンル:ライフ
2014年01月27日 (月) | Edit |
皆様はドコモの"iD"というのをご存じでしょうか。
これはドコモが提供している電子マネーで、セブンイレブンなどの一部コンビニなどで利用ができます。

この"iD"ですが、基本的にはクレジットカードと結びついていて、"iD"を使って決済すると、紐付いているクレジットカードから引き落とされる仕組みになっています。

しかしこの"iD"紐付け可能なクレジットカードが限定されていまして、
僕が常日頃愛用している「漢方スタイルクラブカード」については
「iDとの紐付けが不可能」
となっています。

なのでこれまでは"iD"なんて全く興味がなかったわけですが、調べてみるとどうやら
「DCMX mini」
を活用することで、"iD"を使用した際、間接的に漢方スタイルクラブカードでの決済として扱えることができる様です。

"DCMX mini"というサービスは、"iD"を使用した分について
「ドコモの月々の通信料金として引き落とされる」
サービスで、月々の通信料については当然のことながら
「どのクレジットカードでも支払が可能」
なので、月々の通信費を漢方スタイルクラブカードで支払っていれば、間接的に
「iDの支払は漢方スタイルクラブカードで支払可能」
ということになるのです。

"DCMX mini"は月々の支払に上限があって、
「月に1万円以上の支払は不可能」
なのですが、ちょっとのコンビニ払いなどでは十分な上限額だと思います。

これまでポイントがもらえないといって、"iD"を使ってこなかった人にとっては、"DCMX mini"はなかなか良いサービスだと思いますので、試しに使ってみてはいかがでしょうか。

いまならキャンペーンもやっているようですし、僕もこれを機に使ってみたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2014年01月22日 (水) | Edit |
ずっと前の記事で
「ドコモの2年縛り回線の解約金のかからない上手な解約方法」
として、月々サポートを最大限活用しつつ、2年縛りの解約金を発生させずに解約する方法を紹介いたしました。

この記事を書いた当時はまだ解約なんて遠い話だと思っていたのですが、

「Xperia ray(SO-03C)をMNP一括0円+21,000円キャッシュバックで購入」

で購入した回線がついに
「今年の3月に解約月を迎える」
ので、今回は
「音声回線の上手な解約方法」
を具体例を交えて紹介したいと思います。

1.現状の紹介
SC03C_genjou1.jpg
月々サポート:今月で終了
継続利用期間:1年11ヶ月

なので、この回線の解約可能月は
「2014年の3月」
になります。

2.今行っておくこと
具体例を
「ドコモの2年縛り回線の解約金のかからない上手な解約方法」

「1.2012年5月2日~31日に契約した場合(FOMA5円寝かせ音声契約)」
にも紹介しておりますが、まず解約月の前々月である今月中に
「料金プランを最安のものに変更予約」
する必要があります。なぜなら今月をもって月々サポートが終了するので、少しでも料金の発生を抑える必要があるからです。

そのため僕の場合は、今月のうちに
「タイプリミットからタイプシンプルへの変更予約」
を行いました。
SC03C_genjou2.jpg

このときに重要なのは
「パケ・ホーダイの解約予約は行ってはいけない」
ことです。ここで解約予約を行うと、当月での解約扱いとなってしまうために
「今月までもらえるはずの月々サポートが打ち切られる」
のです。そのため
「パケホーダイを解約するのは来月になって行う」
必要があります。パケホーダイは日割りが効かないので、1ヶ月分の料金はかかってしまうのですが、これは仕方ないのであきらめましょう。

その後の予定は具体的には
「2月にパケホーダイの解約」
「3月に解約もしくはMNP」

になるのですが、またそのときが来ましたら実践例を交えて紹介したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:便利・お得な情報
ジャンル:ライフ