2013年12月31日 (火) | Edit |
今年の最後の記事になりますので、今回は
「2013年12月の資産状況」
を紹介して、今年を振り返ってみたいと思います。

ml201312.jpg
以下がこれまでの推移になります。
年月総資産預金有価証券負債
2011年10月6,363,427円1,809,261円4,961,118円406,952円
2011年11月6,271,744円1,748,082円4,839,908円316,246円
2011年12月6,885,057円1,997,606円5,090,719円203,268円
2012年1月7,170,585円2,172,398円5,175,950円177,763円
2012年2月7,284,941円1,880,009円5,648,087円243,155円
2012年3月7,995,480円1,916,992円6,166,714円88,226円
2012年4月7,767,875円1,926,716円6,072,632円231,473円
2012年5月7,360,458円1,884,711円5,771,802円296,055円
2012年6月7,983,353円2,399,827円5,676,811円93,285円
2012年7月7,915,873円2,175,661円5,842,335円102,123円
2012年8月7,534,198円1,752,141円5,896,370円114,313円
2012年9月7,701,206円1,824,174円5,978,209円101,177円
2012年10月7,325,195円1,496,294円5,991,402円162,501円
2012年11月7,827,284円1,717,312円6,215,463円105,491円
2012年12月8,754,528円2,574,384円6,299,025円118,881円
2013年1月10,342,749円1,969,490円8,523,569円150,310円
2013年2月10,836,817円1,878,015円9,172,388円213,586円
2013年3月12,149,054円3,067,994円9,228,936円147,876円
2013年5月12,051,029円5,622,276円6,555,446円126,693円
2013年6月12,187,343円6,128,139円6,310,688円251,484円
2013年7月12,209,766円6,742,124円5,701,400円233,758円
2013年9月12,538,050円4,819,817円7,926,646円208,413円
2013年12月13,217,642円5,185,093円8,421,458円388,909円

さらに今年1年で資産がどう変わったかをまとめてみました。
年月総資産預金有価証券負債
2012年12月8,754,528円2,574,384円6,299,025円118,881円
2013年12月13,217,642円5,185,093円8,421,458円388,909円
増減額4,463,114円2,610,709円2,122,433円270,028円

今年1年で資産が
「約450万増加」
し、前年の約1.5倍になりました!

原因としては我が家の収入が増えたわけではなく、全てはアベノミクスによる株式相場の上昇だと思います。これまでは本当に我慢の年でしたから、2013年についにその我慢が実を結んだという感じです。しかしながらいつまでもこんな状況は続くはずは無いと思いますので、来年はまた売り時などを考える難しい一年になりそうです。

なにはともあれ今年はブログを読んでいただいた皆様には大変お世話になりました。
また来年もお互いよい年になることをご記念いたします。
今後ともよろしくお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:マネー・貯金
ジャンル:ライフ
2013年12月27日 (金) | Edit |
前々からずっと気になっていたパソコン、それが
「Surface Pro」
でした。

今使っているノートパソコンは16インチの比較的大きめなノートで、元々部屋が狭いということもあって、省スペースでもセンス良く配置できるノートパソコンを探しておりました。
しかしOfficeも付属していて、機能も充実しているとなると比較的高価なパソコンが多いのですが、Surface Proは比較的手頃な価格帯でしたので、半年くらいずっと気にしていたのですが、それを先日ついに購入しました。
surface_hako.jpg

今回はこのSurface Proの購入に至った理由を紹介していきたいと思います。

理由1.価格がどんどん値下がった
最初は99,800円でしたが、9/25に89,800円となり、10/25に79,800円になったと思いきや、12/19からついに
「69,800円」
となりました。旧型の在庫処分セールとはいえ、この値下げは私を購入へと大きく向かわせました。
surface_bic.jpg

理由2.5,000円分のギフトカードが付いてきた
今マイクロソフトのキャンペーンで、対象店舗でWindows8のタブレットを購入すると
「Windows ストア ギフトカード (5,000 円分) 」
が付いてきます。ストアではアプリやビデオなどが買えるということで、今なら実質5,000円引きとなっています。

理由3.Windows XPの処分セールを行っていた
いまWindows XPのサポートが終了するということから
「Windows XP から買い替えるなら今でしょ!キャンペーン」
を実施しています。このキャンペーンの一環でビックカメラではWindowsXP/Vista搭載パソコンを
「5,000円にて定額下取り」
してくれています。ちょうど我が家には押し入れに寝かせていたXPのパソコンがあったのでこれを5,000円に買えるチャンスでした。ちなみに箱も説明書もなかったですが、電源さえ入れば5,000円で下取りしてくれるようで、これはかなり有り難かったです。

理由4.Surface Pro2を買うメリットが少なかった
旧型のSurface Proと現行のSurface Pro2の最大の違いは
「バッテリーの持続時間が向上」
「スタンドが2段階に変更」

の2点なのですが、これらは外出先へ持ち歩く場合は便利ですが、家での利用がメインの方は
「それほど重要ではないポイント」
となります。僕も全く持ち歩かないわけではありませんが、ほとんどを自宅で使うのでそれであれば
「3万円も安い旧型を購入」
するのが良いと感じたのです。

理由5.ハードディスクは128GBで十分
ハードディスクは大きいに越したことはないのですが、256GBは99,800円でこれだとお得感が余りありません。こうしたことも見越して僕は先日自宅に
「NASの環境を構築」
しておいたわけです。NAS環境があれば、大きいファイルは全てNASの方に格納しておくので、パソコン本体のHDD容量が小さくてもあまり困ることはありません。NAS構築はおおよそ4万円弱かかったわけですが、ここで256GBを買わなくて良くなった分、3万円のコスト削減ができたわけで、長い目で見ればNASのコストも回収できると考えています。

こうした理由と在庫がなくなる危険性などを考慮して先日購入をしたわけです。
購入後に液晶保護シートをまず貼りました。

そして背面が傷つきやすいとあったので、背面保護シールも張りました。

またキーボードですが、Type Coverを買いました。Type Cover2も使えるのは分かっていたのですが、タッチパッドに関しては旧型のType Coverの方が僕的には良かったことと、旧型の方はソフマップにて中古の極上品が5,980円と安かったので、僕は旧型の方を選択しました。

最後に今回かかったコストですが、
本体:69,800円
キーボード:5,980円
液晶保護シール:1,620円
背面保護シール:1,480円
ポイント(本体分):-698円
ポイント(付属分):-306円
PC下取り:-5,000円
ギフトカード:-5,000円

「合計67,876円」
となりました。

この価格でオフィス付きのノートパソコンが買えたのですからとても満足しています。
もし自宅用のオフィス付きのWindows8ノートパソコンの購入をご検討されている方がいらっしゃいましたら、
「旧型のSurface Proはかなりお得」
だと思いますので、検討してみてはいかがでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:おすすめ商品案内
ジャンル:ライフ
2013年12月17日 (火) | Edit |
これまでに
「7インチタブレットはサイズ的にも価格的にもかなりオススメ」
「7インチタブレットを選ぶ際に重視すべきポイントの紹介」

で7インチタブレットについて紹介してきましたが、今回は代表的な
「7インチタブレットの商品比較」
をしていきたいと思います。今回の商品比較は
・Nexus7(2012)
・Nexus7(2013)
・MeMO Pad HD7
・AQUOS PAD SHT21

の4機種で行って行きたいと思います。他の候補としては
・iPad mini
・AQUOS PAD SH-08E

などもあるのですが、この2機種は性能面では良いのですが、価格が3万以上とかなり高く、7インチタブレットのメリットである価格の手頃感が無くなってしまうので、今回は除外しました。
(そもそもiPadにはGPSがないのでこの時点で僕的にはアウトです)

比較項目については前回の記事の
「7インチタブレットを選ぶ際に重視すべきポイントの紹介」
のポイントに沿って比較していきたいと思います。
比較項目Nexus7(2012)Nexus7(2013)MeMO Pad HD7AQUOS PAD SHT21
容量16G16G16G16G
価格(新品)17,400
(価格コム)
24,800
(価格コム)
16,900
(価格コム)
23,000
(ヤフオク)
価格(中古)12,000
(ヤフオク)
23,000
(ヤフオク)
13500
(ヤフオク)
19,000
(ヤフオク)
処理速度☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
画面の明るさ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
サイズ☆☆☆☆☆☆☆
重さ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
防水なしなしなしあり
SDカードなしなしありあり

1.価格
価格はNexus7(2012)とMeMO Pad HD7が優れています。Nexus7(2013)とSHT21は価格が割高ですが、SHT21については中古であれば値が下がってきていて、中には18,000円というのもありました。
(ちなみに僕は18,000円でSHT21を購入しています)

2.処理速度
これについては圧倒的にNexus7(2013)が良いです。他の3機種と全然サクサク感が違いました。また他の3機種はほぼ同じくらいなのですが、触った感じからするとMeMO Pad HD7が若干かくついていたので☆☆にしました。またNexus7(2012)とSHT21についてはグールルマップの起動状況を見る限りではSHT21の方が若干機敏に動いていました。

3.画面の明るさ
これもNexus7(2013)が圧倒的でした。フルHDということもあってか余計に綺麗かつ明るく見えます。Nexus7(2012)とSHT21はほぼ同じでした。SHT21についてはエコモードをオンにしていると、画面が暗いのですが、これを切るとNexus7(2012)と同程度になります。MeMO Pad HD7は若干くらい印象を受けました。液晶の色が黄色っぽいというのも影響しているかとおもいます。またMeMO Pad HD7は自動調光機能がないのもマイナスです。
7intitabu1.jpg左:SHT21 右:Nexus2012
7intitabu2.jpg
左:SHT21 真ん中:Memopad 右:Nexus2012

4.サイズ、重量
サイズと重さに関してはSHT21の圧勝です。サイズは他の端末に比べて一回り違いとてもスリムです。
それでいて画面のサイズは同じなのですから、外出先で頻繁に使用する方はSHT21が良いと思います。

5.防水性能
これはSHT21にのみ搭載されています。やっぱりあると嬉しい機能など思います。

6.SDカードスロット
これはMeMO Pad HD7とSHT21にあります。MeMO Pad HD7はSDHCまでの対応ですが、SHT21はSDXCまでの対応です。
MeMO Pad HD7のスロットはカバーが無くむき出しの状態なのが個人的には気になるところです。

次に総評です。

Nexus7(2012)
値段的にも性能的にも最も優れた端末だと思います。SDカードスロットはありませんが、32GBのモデルもほぼ同価格で変えますので、容量が不安な方はそちらを購入すればよいです。またgoogle純正のためAndroidOSのアップデートも非常に早いです。ただ32GBという容量では足りないというヘビーなユーザーにとってはSDカードスロットがないのは痛い部分ではあります。

Nexus7(2013)
処理もサクサクで、画面もFULLHDで超きれいです。この性能があればiPadの操作性にもひけを取らないと思います。価格面を除けば最高の端末だと思います。価格については2万円後半からで、32GBを買うと3万以上します。この価格に納得できるかどうかが選択の鍵になると思います。

MeMO Pad HD7
若干画面の明るさ処理性能が少しずつ劣っているものの性能面ではNexus7(2012)とほぼ同様です。またSDカードが装着できるのは電子書籍など大容量のファイルをたくさん持ち歩きたい方にとっては良い端末だと思います。しかし僕個人的には自動調光がないのが車内でカーナビとして使用するに当たってはちょっと気になりました。まぁ常に最高輝度にしておけば良いという話もありますが、今時自動調光がないのもめずらしいですよね。

AQUOS PAD SHT21
性能面ではNexus7(2012)とほぼ同様ですが、SDカードスロット、防水、サイズが小さいなどの点で優れています。またおでかけ転送(SONY)番組持ち出し(DIGA)にも対応しています。またNexus7(2012)は非対応の5GHzの無線に対応しているなど、非常に多機能です。欠点は購入手段が端末契約以外は白ロム購入以外の手段しかないことです。そのため基本的には中古での購入となってしまうので、新品が欲しいという方には少し厳しい選択となります。

このようにそれぞれの端末一長一短あるのですが、僕の一押しはやはりNexus7(2012)です。とはいえ自分はAQUOS PAD SHT21を買っていて言ってることとやってることが違うのですが、万人におすすめできるのはやはりNexus7(2012)ですね。SHT21は僕の様に防水、番組持ち出しなどガラケー機能が欲しいという方にはオススメの端末です。またSHT21はオークションなどで安く買えればお得な端末だと思います。僕も18,000円で買えなければ買っていなかったと思います。

以上3回に分けてタブレットの特集を組んでみたわけですが、また数年後には状況も変わっていると思いますので、そのときにはまた同じような比較をしてみたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:おすすめ商品案内
ジャンル:ライフ