2013年02月28日 (木) | Edit |
今回は2月分
「おトクなナイト10」
による、電気代節約効果についてご紹介したいと思います。
denki201302.jpg
「でんき家計簿」の表示を活用しています。

また以下がおトクなナイト10による節約効果が以下になります。
年月おトクなナイト10従量電灯節約額削減率
2011年12月¥8,609¥10,148¥1,53915.2%
2012年1月¥13,496¥15,379¥1,88312.2%
2012年2月¥10,995¥12,297¥1,30210.6%
2012年3月¥11,065¥12,292¥1,22710.0%
2012年4月¥8,404¥9,808¥1,40414.3%
2012年5月¥7,444¥8,966¥1,52217.0%
2012年6月¥7,578¥8,820¥1,24214.1%
2012年7月¥7,976¥9,831¥1,85518.9%
2012年8月¥9,860¥11,929¥2,06917.3%
2012年9月¥12,838¥15,164¥2,32615.3%
2012年10月¥7,707¥8,959¥1,25214.0%
2012年11月¥8,289¥9,943¥1,65416.6%
2012年12月¥9,043¥10,722¥1,67915.7%
2013年1月¥13,639¥15,600¥1,96112.6%
2013年2月¥13,314¥15,002¥1,68811.3%
合計¥150,257¥174,860¥24,60314.1%
※従量電灯Bの料金シミュレーションはコチラから計算。契約は40Aで計算。

2月も先月同様に寒い日が続き、昼間時間帯にエアコンがフル稼働状態だったこともあり、電気代が結構高額になってしまいました。去年の結果を見返しても1月~3月は電気代が高いので、この時期は致し方ないかもしれません。最近エアコンは電気を使う割には暖かくならない気がしています。肝心の足元が冷えてしまいますしね。もしかしたらストーブなどの方が良いのかもしれませんね。来年の冬はもう少し工夫してみたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:節約
ジャンル:ライフ
2013年02月19日 (火) | Edit |
今回は我が家の
「2013年2月の資産状況」
を紹介したいと思います。
ml201302.jpg
以下がこれまでの推移になります。
年月総資産預金有価証券負債
2011年11月6,363,427円1,809,261円4,961,118円406,952円
2011年12月6,271,744円1,748,082円4,839,908円316,246円
2012年1月6,885,057円1,997,606円5,090,719円203,268円
2012年2月7,170,585円2,172,398円5,175,950円177,763円
2012年3月7,284,941円1,880,009円5,648,087円243,155円
2012年4月7,995,480円1,916,992円6,166,714円88,226円
2012年5月7,767,875円1,926,716円6,072,632円231,473円
2012年6月7,360,458円1,884,711円5,771,802円296,055円
2012年7月7,983,353円2,399,827円5,676,811円93,285円
2012年8月7,915,873円2,175,661円5,842,335円102,123円
2012年9月7,534,198円1,752,141円5,896,370円114,313円
2012年10月7,701,206円1,824,174円5,978,209円101,177円
2012年11月7,325,195円1,496,294円5,991,402円162,501円
2012年12月7,827,284円1,717,312円6,215,463円105,491円
2013年1月8,754,528円2,574,384円6,299,025円118,881円
2013年2月10,342,749円1,969,490円8,523,569円150,310円

1月も相場がかなり好調に推移したことで、有価証券だけで先月と比較して
「約220万の資産増」
となりました!新たに投資信託を購入した金額もここに含まれているので、純粋に増えたというわけではないのですが、それでもかなりの大幅上昇です。

またここ数年元本割れしていた毎月定額購入している「さわかみファンド」もついに元本割れの状態を脱することができました。
いつまでこの良い状況が続くのか全くわかりませんが、そろそろ一度利益確定しても良い時期かなと思っております。

とりあえず、今の所は今年はいい感じで来ておりますので、この調子で続いてくれればうれしいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:家計簿
ジャンル:ライフ
2013年02月17日 (日) | Edit |
以前
「ドコモの2年縛り回線の解約金のかからない上手な解約方法」
の記事で、おすすめの解約方法を紹介しましたが、前回の記事を書く際にいろいろ調べていく中で
「プラスXi割とライト割を適用した場合の解約時の注意点」
を見つけましたので、今回はそのご紹介です。

その内容は、
「プラスXi割」
plusxityuui2.jpg
「Xiデータプランライト割」
xiraototyuui2.jpg
の説明に書いております。

これはつまりどういうことかと言いますと、
「契約変更月、解約月はキャンペーン料金が不適用」
になります。最後の月は5,985円(フラット)もしくは4,985円(ライト)を請求されてしまうのです。

しかも、
「翌月の変更予約を行うと、その時点でキャンペーン割引は解除される」
のです。つまり
「ドコモの2年縛り回線の解約金のかからない上手な解約方法」
で紹介している、解約可能月になる前に
「Xiデータプラン2にねんに契約変更予約」
する方法ですが、この方法を行うと上述の通り、
「契約変更予約月はキャンペーン価格が適用されない」
ので、
「Xiデータプランフラットの場合は2,005円の増額」
「Xiデータプランライトの場合は1,005円の増額」

となってしまうのです。
※これについては後日記事の修正をさせて頂きたいと思います。
追記(2014/4/21)
ドコモユーザー様のコメントにもあるように151に確認したところライト割の場合は
「データプラン2へ変更の翌月予約でも当月のライト割は適用」
されるようなので、解約さえしなければライト割は継続されるようです。


う~ん、ドコモ様もけち臭いですね(笑
解約前の経費はこの通り、数千円増えてしまいますので、覚悟していただければと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:節約
ジャンル:ライフ