2012年11月30日 (金) | Edit |
以前の記事
「ドコモ2台持ちで通信費節約(プラスXi割を使わないで節約する方法)」
にて、プラスXi割を用いないで通信費を節約する方法を紹介いたしました。

しかしながらこの記事を見るだけでは、具体的にどのように契約していけばよいかが分かりにくいと思いましたので、今回は
「Xiデータプランライト回線の具体的な契約の手順」
についてご紹介したいと思います。

1.MNPを行なうための他社回線を確保する
他社回線の確保については
「MNPを行うための他社回線を確保する方法」
をご参照ください。MNPで回線を確保する理由は
「新規契約よりも月々サポートが高い(平均して1,000円以上違う)」
「端末購入代が安くなる(平均すると3万円くらい安く買えます)」

ことから、月額通信費、初期投資を節約するための重要なポイントになっています。

2.月々サポートが高いXi回線をMNPで購入する
月々サポート一覧については「節約速報さん」でご確認ください。
この表をみて、月々サポートの高い回線を購入しましょう。
しかしながらGalaxyNote2などの新機種は月々サポートが高額でも端末代が高額のことが多いです。
そのため、GalaxyS3やXperiaGXなど月々サポートが高く、発売から期間が経過して値段もそこそこ安くなっている端末をゲットするのがオススメです。

このときに、他の機種を同時購入することで、
「家族セット割が適用」
されて1台あたり10,500円安くなります。店頭に機種変で1万円以下の機種がありましたら、迷わず同時に機種変しましょう。


また端末の購入時はMNPの場合は音声プランで契約しなければならないので、
「タイプXiにねん+Xiパケ・ホーダイダブル」
で契約をしましょう。

3.音声契約からデータ契約に変更する
音声契約からデータ契約の変更のために151かドコモショップに行き、
「Xiデータプランライト+SPモード」
に契約変更します。いまなら
「Xiデータプランライト割」
が適用されて3,980円315円(SPモード)で契約が可能です。

このデータ契約への変更のタイミングですが、機を逸すると損をしてしまうので、
「ドコモの音声プランからデータプランへのオススメの変更方法」
「ドコモの音声プランからデータプランへ変更する際の注意点」

をご参照の上、ご検討くださればと思います。

以上の手順で、
「月額料金が格安なデータ専用端末の完成」となります。

Xiデータプランライトは通信上限が3GBなので、やや物足りない方も居るかもしれませんが、普通にネット中心で通信を行なう方であれば十分です。僕も1ヶ月の通信量も3GB弱で推移しております。プラスXi割を適用しなくても良いので手軽に行なえると思いますので、興味をもたれた方は実践してみてはいかがでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:節約
ジャンル:ライフ