2012年08月29日 (水) | Edit |
これまでMNPを行うことで格安かつ月々サポートの高い端末を手に入れることで、通信費を節約する方法を紹介してきました。
「ドコモの携帯を1台持ちから2台持ちにして手軽に通信費を節約する方法」
「ドコモ通信費をガラケーとXi回線の2台持ちで効率よく節約する方法」


しかしながらMNPを行なうためには基本的には他社の回線を事前に持っていることが必要で、これまでauやソフトバンクを契約していた方ならすんなりMNPすることができるかと思いますが、元々ドコモしか契約していないという方はMNPすることが通常はできないと思います。

そこで今回紹介する内容は、MNPを行う際に必須である
「MNPを行うための回線を手に入れる方法」
を紹介したいと思います。

【すぐにMNPしたい方向け】
auのぷりペイドがオススメです。auの携帯をauショップに持ち込んで手続きしてもらいましょう。

1.回線取得経費
「4,200(手数料)+3,000(プリペイドカード代)=7,200円
です。
※1:3,000円分のプリペイドカードは1,000円3枚組のカードの購入でも可能なので、MNPを行なうときに1,000円だけチャージして残りを金券ショップに売れば経費が抑えられます。
※2:またauの携帯を持っていない方はオークションや中古ショップで購入する必要があるのでその経費も発生します。

2.メリット
契約後チャージを行ない、翌日にはMNPを行なうことができる。
3.デメリット
取得経費が7,200円と高額。
90日に1回しか契約できない(回転防止のためか)。
4.MNP転出方法
チャージを行ない、有効期限が切れる前(1,000円カードであれば30日)にauショップに行きMNPをしたい旨を告げましょう。転出手数料2,100円を払えば、MNP予約番号ゲットです。14日以内にMNPを完了させましょう。

【1年後のMNPに備える方向け】
ソフトバンクのプリモバイルがオススメです。softbankの携帯をショップに持ち込んで手続きしてもらいましょう。

1.回線取得経費
3,000円(プリペイドカード代)のみです。
※1:金券ショップでカードを買えば2,700円なのでさらに安く買えます。
※2:softbankの携帯を持っていない方はオークションや中古ショップで購入する必要があるのでその経費も発生します。
(追記)
こちらのサイトから申し込めば、機種代+3,000円プリペが5,079円+ヤマダポイント500ポイントバックで購入できてお得です。(TOMOCA様の情報です。ありがとうございました)


2.メリット
回線取得経費が3,000円と割安
3.デメリット
契約日から1年以内の解約は解約金(9,975円)が発生するので、1年以内のMNPはau以上に経費がかかってしまう。
1人につき同時契約は2台まで。
4.MNP転出方法
チャージを行なった後、60日(カード有効期間)+360日(契約有効期限)以内にソフトバンクショップに行き、MNPの手続きを行ないましょう。転出手数料2,100円を払えば、MNP予約番号ゲットです。14日以内にMNPを完了させましょう。

【2年後のMNPに備える方向け】
ソフトバンクのみまもりケータイがオススメです。いま基本料金無料キャンペーンを行なっておりますので、月々3円で携帯が契約できてしまいます。
しかも結構な確率で新規契約キャッシュバックキャンペーンを行なっています。

1.回線取得経費
「3,150円(新規事務手数料)+3円×24ヶ月(ユニバーサル料)=3,222円
しかしキャッシュバックが5,000円ある店舗も結構ありますので、これを考慮すると経費は0円以下となります。
2.メリット
回線取得経費がかからない(キャッシュバック適用時)
上記2つは自分で携帯を用意しなければならないが、この方法は携帯を用意する必要はない。
3.デメリット
(追記:ぐみ様からの情報です。ありがとうございます?)
ソフトバンク携帯を持っていないとみまもり単独での契約は基本的には不可能なこと。これはかなり制約の厳しいデメリットです、、、

また契約更新月以外にMNPしてしまうと違約金(9,975円)が発生してしまうことです。契約更新月は「契約期間満了の翌請求月・初回のみ翌々月を含む2ヵ月間」となっております。この期間にMNPしなければならないという縛りが生じてしまうのが最大のデメリットです。
4.MNP転出方法
この方法の場合はネットや電話での手続きでMNP番号が発行できます。

今回は王道的な方法3つを紹介いたしました。
しかし方法はもっと他にもありますので、他にもおいしい方法などが見つかりましたら、また紹介させていただければと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:便利・お得な情報
ジャンル:ライフ
2012年08月24日 (金) | Edit |
これまで我が家の電気の使用量や料金は毎回送られてくる請求書をもとに過去の履歴を振り返っていましたが、今回はこれまでの電気の使用状況について、
「インターネット上で簡単に履歴を確認できる方法」
を紹介いたします。

その方法ですが、東京電力の場合は
「でんき家計簿」
というサービスに登録することです。
※僕は関東在住なので東京電力の場合を紹介しますが、関西電力の場合も同様のサービスがあるようです。他の地区の場合はわかりませんが、調べてみることをオススメします。

このでんき家計簿に登録すると
・過去2年分の電気使用量と電気料金の確認
denkikakeibo1.jpg
・電気使用量と電気料金の前年同月との比較
・同じご契約容量の家庭の平均ご使用量との比較

denkikakeibo2.jpg
・9月より実施される料金値上げ後の料金シミュレーション
(これまでの使用実績を元に自分の家でどの程度電気代が上がるかが確認できます)
denkikakeibo3.jpg
がインターネット上で簡単に行なうことができます。

登録するのにひと手間かかるのですが、申し込んでしまえば結構便利なサービスですので、電気料金に興味のお持ちの方や、契約変更をご検討の方はぜひお試しいただければと思います。






ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:便利・お得な情報
ジャンル:ライフ
2012年08月22日 (水) | Edit |
さて東京電力では平均8.46%の値上げが認可されて、
「9月1日から電気料金値上げ」
が確定となりました。

そこで今回は、我が家で以前から契約をしている
「おトクなナイト10での値上げの影響」
を考えていきたいと思います。

まず値上げの概要を紹介します。
1.従量電灯
使用電力量値上げ前単価値上げ前単価値上げ幅
120Wまで18.4218.893%
121~300W23.4125.198%
300W~24.6829.118%
2.おトクなナイト10
使用電力量値上げ前単価値上げ前単価値上げ幅
80Wまで24.4225.23%
81~200W31.2933.67%
200W~33.0338.8117%
夜間時間10.0312.0620%
3.おトクなナイト8
使用電力量値上げ前単価値上げ前単価値上げ幅
90Wまで22.4223.153%
91~230W28.6230.878%
230W~30.1935.6618%
夜間時間9.7211.8222%

簡単に説明すると、
・電気を使用すればするほど値上げ率が高くなる
・夜間電力については大幅に値上げ率上昇

とおトクなナイト契約者にとってはちょっとツライ感じの改定の様に感じます。

次に我が家におけるこれまでの電気使用量を参考に今回の値上げでおトクなナイト10の電気料金がどう変わるかをシミュレーションしてみます。
年月昼間電力(W)夜間電力(W)値上げ前(円)値上げ後(円)値上げ率
23年12月1822288,692 9,453 8.8%
24年1月30632013,679 15,281 11.7%
24年2月25124911,150 12,290 10.2%
24年3月25324511,176 12,320 10.2%
24年4月1782178,457 9,186 8.6%
24年5月1492127,499 8,151 8.7%
24年6月1561967,558 8,193 8.4%
24年7月1522367,834 8,541 9.0%
合計1170125976,045 83,415 9.7%
※燃料費調整や太陽光促進付加金は除外して計算
我が家の場合は全体を通して
「9.7%の値上げ」
と東京電力が公表している平均の8.46%を上回る結果となりました。
特に昼間の電気使用量が多かった1月~3月にかけての電気代の上昇率は10%台と高く、これまで以上に昼間の電気代を減らさなければ、電気料金が高くなりそうです。

さて、今回の値上げ幅は平均して「9.7%」だったわけですが、次に
「従量電灯に戻したほうが良いのか否か」
ということを検討していきたいと思います。
・値上げ後の電気料金比較とおトクなナイト10変更による削減率
年月従量電灯おトクなナイト10削減率削減率
(値上げ前)
23年12月11,094 9,453 14.8%15.0%
24年1月17,380 15,281 12.1%12.1%
24年2月13,713 12,290 10.4%10.5%
24年3月13,655 12,320 9.8%9.9%
24年4月10,658 9,186 13.8%14.2%
24年5月9,668 8,151 15.7%16.9%
24年6月9,406 8,193 12.9%14.1%
24年7月10,454 8,541 18.3%19.1%
合計96,027 83,415 13.1%13.6%
※燃料費調整や太陽光促進付加金は除外して計算しているため、これまで紹介していた電気料金と若干異なっております。
これをみると、削減率は少し下がっており、おトクなナイトの恩恵が若干薄れてはおりますが、削減率は以前
「10%以上を維持」
しており、
「おトクなナイトは依然お得」
と結論付けてよさそうです。

とはいえ、今回の値上げによって、おトクなナイトから従量電灯に戻したほうが良いかたも中にはいらっしゃると思いますので、一度これまでの電気料金を見返してみるのがよろしいかと思います。

これまでの電気料金や電気使用量については
「でんき家計簿」
に登録すれば、確認できますので、登録してみることをオススメいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:節約
ジャンル:ライフ