2012年07月31日 (火) | Edit |
これまで
「ドコモで携帯を1台持ちから2台持ちで通信費節約~具体例紹介~」
「ドコモの携帯を1台持ちから2台持ちにして手軽に通信費を節約する方法」

とドコモで契約している携帯を1回線から2回線にすることで、料金を節約する方法を紹介しました。

この方法は以前紹介した3回線を契約する方法
「ドコモ通信費をガラケーとXi回線の2台持ちで効率よく節約する方法」
と比較して、1つ重大な欠点があります。それは、
「メールが使い放題ではない」
ということです。具体的に説明すると、3回線の場合メイン回線は「タイプシンプル バリュー」を契約して「メール使いホーダイ」を適用できるのに対し、2回線での運用方法ではメイン回線をプラスXi割の1契約目にする必要があるため、「パケ・ホーダイダブル」を契約しなければなりません。そのため、「メール使いホーダイ」にならず、メールのパケット料金が390円を超えると、超過料金が発生します。この超過料金が多くなりすぎると、2台持ちにする節約効果がなくなってしまいます。

そこで今回は
「メイン回線のメールのパケット料金を抑える方法」
について紹介しようと思います。

方法1:メールアドレスをデータ回線側に移す
これを行うのは結構手間ですが、一度行ってしまえば、
「メイン回線のiモードを解約できるので315円の節約」
「フラット契約回線にメールを移すのでメールし放題になる」

ので、パケット料金のことは全く気にならなくなりますね。

具体的なやり方は
「ドコモ端末の2台持ちでメールアドレスを移行して通信費を安くする方法」
をご参照くださればと思います。

この方法のデメリットは、メイン回線でメールができなくなるので、
「常に2台持ちをしていないとメールで連絡が取れなくなる」
ことです。ガラケーに通話とメールを集約していれば、ネットしないときはデータ回線の端末は別に持ち歩かなくても良いですからね。

方法2:画像など添付ファイルの自動受信をオフにする
メールに画像などが添付されていると、極端にパケット量が多くなってしまいます。そのため画像の自動受信をオフにして画像を受信しない様にしましょう。
20120730_204000.jpg20120730_204041.jpg
※上画像はオンの状態なのでチェックを外す、または無効にします

昔のDOCOMOのサイトによると、メールが文字だけの場合、250文字の場合は1通につき2円となっており、この計算だと一ヶ月のメール件数が、
「195件以内」
であれば、パケ・ホーダイダブルの下限で収めることが可能です。

またiモードの場合であれば、
「ファミリー割引の同一グループ内であればメールの送受信が無料」
なので、家族内のメールの送受信は上記の195件に含めなくてOKです。
また家族へのメール送受信は画像など添付ファイルの受信も当然無料です。

私の様な所帯持ちだとメールは家族がほとんどなので、195件以内に収まる方は比較的多いと思います。
しかし独身の方で特に彼女、彼氏がいらっしゃる方は、普通にメールしていてはこの件数を確実に超えてしまうでしょうね。特定の人とよく連絡をするという方は、「Skype」「Line」を上手く活用して、メール件数を減らすようにすれば良いと思います。通話も「Skype」「Line」を使った方が通話料がかからなくて良いですよ。

方法3:やっぱり3回線目を用意する
3回線用意して通信費を節約する方法は
「ドコモ通信費をガラケーとXi回線の2台持ちで効率よく節約する方法」
に紹介した通りなのですが、3回線目を契約する際には
「MNP回線を用意する」
「月々サポートの高い、格安なFOMA回線を探す」

という部分で結構高いハードルが存在します。

しかしながら、3回線目を以前の記事で紹介したような無料通信を取得するためではなく、ただ単にメイン回線を「メール使いホーダイ」にしたいだけの場合は、FOMA回線に限らなくとも
「月々サポートが2,880円以上のXi回線」
※タイプXi にねん(780円)+Xiパケ・ホーダイ ダブル(2,100円)
を用意すれば、
「プラスXi割の1契約目の回線」
とすることができます。Xi回線であれば月々サポートの高い回線も比較的手に入りやすいので、ハードルは下がると思います。

Xi回線は無料通信がつくプランが無いので無料通信は付きませんが、これでメイン回線を「タイプシンプルバリュー」にして
「メール使いホーダイにすることが可能」
となります。ただしこの方法のデメリットはメイン回線もタイプSSバリューなどの契約ができなくなるので、
「メイン回線にも無料通話がつけられない」
ので、通話料金が高額になってしまうことです。通話よりもメールを重視される方はこの方法を選択するのもアリだと思います。

2台持ちにして、通信費が節約できたものの、メールのパケット料金が気になるという方はこれら3つの方法のいづれかを検討してみてはいかがでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:節約
ジャンル:ライフ
2012年07月30日 (月) | Edit |
ドコモの携帯を2台持ちすることで通信料を節約できることについては、
「ドコモで携帯を1台持ちから2台持ちで通信費節約~具体例紹介~」
「ドコモの携帯を1台持ちから2台持ちにして手軽に通信費を節約する方法」
「ドコモ通信費をガラケーとXi回線の2台持ちでさらに安く運用する方法」
「ドコモ通信費をガラケーとXi回線の2台持ちで効率よく節約する方法」

など、多岐にわたって紹介したのですが、今回はこの方法を応用して、
「さらに携帯電話代を減らす方法」
を紹介したいと思います。

その方法ですが、先日の記事にも少し紹介したのですが、
「メールアドレスをデータ回線側に移行」
「メールアドレスでデータ側で新たに取得」

することによって、メイン回線でメールを使わないようにして、データ回線側でメールを行う方法です。

メイン回線で使用しているメールアドレスをデータ回線に移行する方法については
「MOSTROID [docomo]メールアドレスを別回線に移したい」
の記事が大変参考になりますので、ご確認くださればと思います。

若干補足しますと、このサイトには2011年05月の時点で可能とかかれておりますが、僕自身
「2012年の6月初旬」
にこの方法をおこなってメアド移行できております。
またメアドを変更しても変更後のメールアドレスに転送してくれる「メアド変えても転送サービス」は、
「iモード限定のサービス」
のため、現在SPモードでメールを使用している方は、iモードを契約して、
「使用しているメールアドレスをiモードに移行」
した後に、メールアドレス変更の手続きを行う必要があります。
※もちろんメアド変えても転送サービスをしなくてもオッケーという方はSPモードのままメールアドレスを変更しても問題ありません。

このようにメールをデータ回線側で行う様にすれば、
「メイン回線のiモードを解約」
することができます。そのためメイン回線でメールを使用していたときに比べて
「315円安くすることが可能」
になります。

以下具体例を示しますと
1.「ドコモの携帯を1台持ちから2台持ちにして手軽に通信費を節約する方法」
によってメイン回線を維持している場合、メアドを移行することで、メイン回線の維持費が「1,268円」となります。

2.「ドコモ通信費をガラケーとXi回線の2台持ちで効率よく節約する方法」
によってメイン回線を維持している場合、メアドを移行することで、メイン回線の維持費が「783円」となります。

3.「ドコモ通信費をガラケーとXi回線の2台持ちでさらに安く運用する方法」
によってメイン回線を維持している場合、メアドを移行することで、メイン回線の月々サポートが「3,080円以上」であれば、3円運用が可能になります。

さらにフラット回線であるデータ回線側にメール機能を移行したことによって、
「メールのパケット料金も気にしなくて良くなる」
というメリットもあります。

またフリック入力に慣れている方にとってはスマートフォンでメールができた方が楽という方もいらっしゃいますし、gmailなど他のメールと一括管理したい方にとってもデータ回線でキャリアメールが使えることはメリットになりますね。

一方デメリットとしてはメイン回線でメールができなくなるので
「常に2台持ちをしていないとメールで連絡が取れなくなる」
ことです。これまでは通話とメールは一体でしたので、いざというときはメイン回線だけ持ち歩けばよかったのです。

しかし、手元にデータ回線がない場合は電話をすれば良いですし、メールをしたい場合はショートメール(SMS)を使うという方法もありますので、完全に連絡手段がないわけではないので、何とかやりくりできるとは思います。

一方僕の場合ですが、僕はデータ回線として「Galaxy Note(SC-05D)」を使っているため、
「端末が大きくメールをするにはちょっと不便」
ということと、端末が大きいので常に手元に置いておらず、バッグの中に入っていることも多いので、
「メール着信に気づかない可能性が高い」
ことから、メールアドレスは移行しておりません。

ただフリック入力は便利ですし、データ回線側の端末が小さければアドレスを移行するのもアリだとは思います。
いつまでこの方法が使えるかは分かりませんが、今使っている端末を変える様なことがあれば検討したいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:節約
ジャンル:ライフ
2012年07月27日 (金) | Edit |
前回
「ドコモの携帯を1台持ちから2台持ちにして手軽に通信費を節約する方法」
にて、1台持ちの状態から、もう1回線MNPで増やして2回線にすることで通信費を節約する方法を紹介しました。
今回の第2弾は、2回線の状態で
「さらにコストを節約するための具体例」
を紹介していきたいと思います。

A.現在ガラケーを1台運用している方
今はガラケーを使っているけれども、これからスマホを使ってみたいという方が対象になります。
1.メイン回線をガラケーから1万円以下のスマホに機種変更
 1万円以下のスマホはP-07C、P-01D、N-06C、SO-01Cなどがあります。
2.同じ日に同じ店でSC-05D(データ回線)をMNPで購入
 こうすることで家族セット割の対象となり1で買った機種とSC-05Dが10,500円引きになります。また1で買った機種は1万円以下なので0円になります。
3.ドコモショップに行く
 メイン回線のパケット契約をパケ・ホーダイダブルにして、iモードを解約したのであれば再度契約する。
※SPモードで受信したメールはiモードに切り替えるとサーバーから削除されてしまいます。切替前に一度はメール受信をしておきましょう。
masaki 様からの情報です。ありがとうございます)

 データ回線を音声契約からデータ契約に変更しプラスXi割を適用させる。
 (データ契約の際の注意点、変更の時期については
  「ドコモの音声プランからデータプランへ変更する際の注意点」
  「ドコモの音声プランからデータプランへのオススメの変更方法」
  にて掲載しております。月末の契約ですと翌月からプラスXi割を適用した方が損しないので記事をご確認ください)

4.メイン回線のSIMを再度ガラケーに差し替える
5.データ回線のSIMを1で買ったスマホに差し替える

 1で紹介した端末はFOMA端末ですがXiのSIMでも使えます。ただし速度はFOMAレベルになります。
6.SC-05Dを売却(約30,000円)これが一番コストがかからない方法だと思います。
GalaxyNoteを使用したい方や、Xiの速度でないと嫌だという方はSC-05Dを残して、1で買ったスマホを売却しましょう。ただし端末を売却しない分、コストは大幅に上がります。

さてこの場合の月額料金は以下の様になり、
「月額3,082円の節約」
となります。
内訳メイン回線データ回線ガラケー1台持ち
Xiデータプランフラットにねん-3,980 -
タイプSSバリュー980-980
パケ・ホーダイ390-4,410
SPモード-315 315
iモード315--
eビリング割引-105 -105 -105
月々サポート割引--3,255 -
ユニバーサル通信料33 3
合計1,583 938 5,603
2,521
※ガラケーの場合はパケ・ホーダイダブルの上限が4,410円

B.現在スマホを1台運用している方
(月々サポート1,700円以下)
1.メイン回線をスマホから1万円以下のガラケーに機種変更
 1万円以下のガラケーはP-07Bなどがあります。このときパケット契約をパケ・ホーダイダブルにしましょう。
2.同じ日に同じ店でSC-05D(データ回線)をMNPで購入
 こうすることで家族セット割の対象となり、1で買った機種とSC-05Dが10,500円引きになります。1で買った機種は1万円以下なので0円になります。
3.ドコモショップに行く
 メイン回線でiモードを契約する。このとき今使っているメールアドレスをSPモードからiモードに変更しましょう。
※SPモードで受信したメールはiモードに切り替えるとサーバーから削除されてしまいます。切替前に一度はメール受信をしておきましょう。
masaki 様からの情報です。ありがとうございます)

 データ回線を音声契約からデータ契約に変更しプラスXi割を適用させる。
 (データ契約の際の注意点、変更の時期はAの場合と同様です)
4.データ回線のSIMを以前使っていたスマホに差し替える
 以前使っていた端末がXiであれば、今までどおりの速度で使用可能です。FOMAであれば速度はFOMAレベルです。
5.SC-05Dを売却(約30,000円)
オークションの方が高く売れますが、買い取りショップの方が手軽です。

さてこの場合の月額料金は以下の様になり、
「月額4,132円の節約」
となります。
内訳メイン回線データ回線スマホ1台持ち
Xiデータプランフラットにねん-3,980 -
タイプSSバリュー980-980
パケ・ホーダイ390-5,460
SPモード-315 315
iモード315--
eビリング割引-105 -105 -105
月々サポート割引--3,255 -
ユニバーサル通信料33 3
合計1,583 938 6,653
2,521

C.現在スマホを1台運用している方
(月々サポート1,700円以上)
1.SC-05D(データ回線)をMNPで購入
 この場合は月々サポートを残したいのでメイン回線は機種変更できないため、家族セット割が使えません。どうしても使いたい場合は家族に協力してもらい一緒に機種変更してもらいましょう。(1万円引きで機種変更できるといえば協力してくれるかもしれません)
2.ガラケーを中古でも良いので購入する
 昔使っていたガラケーが眠っていればそれを使うのがベストです。中古でも5,000円あれば購入できると思います。
3.ドコモショップに行く
 メイン回線でiモードを契約する。このとき今使っているメールアドレスをSPモードからiモードに変更しましょう。
※SPモードで受信したメールはiモードに切り替えるとサーバーから削除されてしまいます。切替前に一度はメール受信をしておきましょう。
masaki 様からの情報です。ありがとうございます)

またパケット契約をパケ・ホーダイダブル2(2,100円)に変更しましょう。
 データ回線を音声契約からデータ契約に変更しプラスXi割を適用させる。
 (データ契約の際の注意点、変更の時期はAの場合と同様です)
4.データ回線のSIMを以前使っていたスマホに差し替える
 以前使っていた端末がXiであれば、今までどおりの速度で使用可能です。FOMAであれば速度はFOMA並です。
5.SC-05Dを売却(約30,000円)

さてこの場合の月額料金は以下の様になり、
「月額2,422円の節約」
となります。元々そこそこ高額な月々サポートを得ている場合はAやBの場合と比べると節約の効果が少し落ちますね。
内訳メイン回線データ回線スマホ1台持ち
Xiデータプランフラットにねん-3,980 -
タイプSSバリュー980-980
パケ・ホーダイ2100-5,460
SPモード-315 315
iモード315--
eビリング割引-105 -105 -105
月々サポート割引-1,700-3,255 -1,700
ユニバーサル通信料33 3
合計1,593 938 4,953
2,531
※月々サポートを1,700円とした場合
ここでは月々サポートが1,700円以上としましたが、もしそれ以下だったとしても、メールを頻繁に行なう方で、パケ・ホーダイダブルの下限(390円)を上回ってしまう方は、多少料金は高くなりますが、BではなくCの方法を選択したほうが得する可能性があります。

さて今回のGalaxyNoteを購入したことで、かかったコストを計算して見ます。
本体代29,800
新規事務手数料3,150
MNP転出料2,100
auプリペイド契約料4,200
プリペイド代3,000
家族セット割-10,500
端末売却-30,000
合計1,750

このように家族セット割を適用させて、本体を売却した場合は、初期費用は
「2,000円弱」
で済んでしまいます!もちろんそのままGalaxyNoteを使用するのも使いやすい端末なので、全然アリだと思います。

というわけで今回は3つのパターン別に2台持ちの方法を紹介させていただきました。
2台持ちは最初はなれませんが、慣れてしまうと通話しながらネットができたり、普段はガラケーのほうはポケットに入れっぱなしなので、慣れてしまえばそんなに荷物が増えるという感じはしなくなると思います。節約の効果はかなりでかいので、コストが2,000円で済むことを考えると、お試しでやってみてもいい値段だと思いますので、興味を持った方はぜひ実践してみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:節約
ジャンル:ライフ