2012年03月28日 (水) | Edit |
皆さんはいらなくなった家具や電化製品などの処分はどのようにしていますか?
普通に考えると、粗大ごみとして出すしかないのですが、それだと
「処分のために費用が発生してしまう」
のです。
横浜市のホームページを参照すると、
「テーブルは1,000円」
「テレビ台は500円」
「いすは200円」

など結構な費用が発生することがお分かりになるかと思います。

そこで僕がオススメする家具などの処分方法は、
「リサイクルショップに買い取ってもらう」
ことです。
おそらくは自分のお住まいの近くに、何軒かはリサイクルショップがあると思います。
心当たりが無い場合は、「タウンページ」などで調べてみると見つかると思います。

今回僕もリサイクルショップに要らなくなった家具の買い取り依頼をしてみました。
電話をして、時間の予約をすればその時間に業者が家まで来てくれました。
「重い家具をお店まで持っていく必要が無い」
のでとても楽でした。

そして買取金額ですが、
1.テレビ台が1,000円

2.カウンターチェアが1個300円(2個売りました)

3.Wiiのラックが100円

4.リビングテーブルが0円
こちらで販売されている伸縮テーブルです。

合計で「1,700円」で売れました!
DSC_0010.jpg

リビングテーブルは傷もかなりあったので、買い取ってくれるか心配でしたが、0円で引き取ってくれました!
粗大ごみで処分すると、処分料として、
「1,000円かかる」
ので、0円でもうれしかったです。

ゴミとして出すのと比べて、リサイクルショップでの買い取りは
「何より費用が発生しない」
のはもちろんですが、
「ゴミとして捨てないのはエコロジー」
ですし、
「家具はお店の人が運んでくれる」
ので体も楽でした。
買い取ってくれないこともあるかとおもいますが、ゴミとして処分してしまう前に一度リサイクルショップに買い取り依頼をしてみてはいかがでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:お役立ち情報
ジャンル:ライフ
2012年03月26日 (月) | Edit |
今回の記事は、昨日の記事の続きで
「ドコモ3回線契約したことによる節約効果」
について紹介したいと思います。

まずどのような3回線を揃えるかについては、前の記事にも書いたように、
1.メイン回線
2.データ回線
3.無料通信取得回線

の3つになります。
僕はこの1~3の回線について、
1.T-01CからF-12Cに機種変更
2.N-06CをMNP契約し本体は売却
3.SO-03CをMNP契約

することで3回線取得しました。
まずは回線取得にあたっての初期コストを紹介します。
1.契約に必要な初期コスト
回線の種類メイン回線データ回線無料通信取得回線
購入機種F-12CN-06CSO-03C
契約方法機種変更MNPMNP
本体価格9,800 9,800 0
クーポン割引0 -5,250 0
新規手数料0 3,150 3,150
MNP転出料0 2,100 2,100
プリペイド代0 980 2,700
キャッシュバック0 -10,700 -21,000
端末購入サポート解除料6,930 0 0
端末売却代*1-5,500 -10,500 0
合計11,230 -10,420 -13,050
全合計-12,240
*1:端末は中古販売ショップ(T-01C)、ヤフオク(N-06C)で売却した場合の値段
回線取得にあたってはキャッシュバックが結構もらえたので、収支がプラスになるという、ありがたい結果となりました。

そして肝心の月額の通信料が以下になります。
2.月額通信料
回線種類メイン回線データ回線無料通信料取得回線
契約プランタイプSS定額データフラットタイプリミット
基本料金980 5,460 1,365
SPモード315 315 0
パケホーダイダブル20 0 2,100
月々サポート0 -4,172 -3,680
eビリング割引-105 -105 0
ユニバーサル料5 5 5
合計1,195 1,503 5
全合計2,703
※追記
データ通信のためには音声契約からデータ契約に変更する必要があります。
詳細については「ドコモの音声プランからデータプランへ変更する際の注意点」を参照ください。


なんと月額料金を、
「2,703円」まで下げることが出来ました!
しかも無料通話が1の回線と3の回線をあわせて
「1,050円+2,310円=3,360円」
もあるので、おそらく料金超過もよほどのことが無い限りは発生しない思います。

また「Softbank UltraWiFi(007Z)」を使っていたときの通信費は以下の通りです。
3.以前の通信料(007Z使用時代)
回線種類メイン回線データ回線
使用機種名T-01C007Z
契約プランタイプSSデータし放題フラット
基本料金980 3,880
SPモード315 0
月々サポート0 -1,400
eビリング割引-105 0
ユニバーサル料5 10
合計1,195 2,490
全合計3,685

ドコモ3回線の契約の方が月額料金が、
「982円」
安くなっています。しかもこちらは無料通話が1,050円分しかないので、超過してしまうとさらに料金がかかってしまいます。

参考としてとドコモのメイン回線のみで運用した場合の通信費もまとめてみました。
4.メイン回線のみで運用した場合
契約プランタイプSS
基本料金980
SPモード315
パケホーダイフラット5,460
月々サポート0
eビリング割引-105
ユニバーサル料5
合計6,655

こちらはドコモ3回線の契約と比較して、
「3,952円」
も高くなってしまいます。1回線で維持した方が確かに便利ではあるのですが、そのために4,000円弱も月額維持費が上がってしまうのはどうかなぁと個人的には思います。

この記事を読んでいただければ、ドコモ3回線による節約効果がかなり高いということはおわかりいただけたかと思います。
もしこれを見て、自分もやってみたいという方がいらっしゃれば、
「MNPで契約すると月々サポートが大幅増額」
のキャンペーンが5月31日までということと、MNPするための回線確保はプリペイド携帯を契約するのが簡単なのですが、
「auは事務手数料4,200円+3,000円のぷりペイドカードの購入が必要」
「ソフトバンクは4月4日から契約から1年以内の解約で9,975円が発生する」
ために、プリペイドの契約にもかなりコストがかかるようになります。ソフトバンクのプリモバイルであれば、4月4日以前の契約ではこれまでと一緒なので、4/4までに回線を確保した方が良いかもしれませんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:節約
ジャンル:ライフ
2012年03月25日 (日) | Edit |
2月から3月にかけてドコモのキャンペーンで、
「MNPで契約すると月々サポートが大幅増額」
「ご愛顧割で半年前の機種が格安で機種変更」

が行われていたので、僕も色々と駆け回っていたわけですが、このキャンペーンを活用して、
「携帯電話代を安く抑える方法」
について紹介したいと思います。

まず以下の3回線を取得します。
1.メイン回線
電話やメールをするために使う回線で、普通の方はこのメイン回線だけしか持っていないと思います。
僕はこれまでT-01Cを使っていましたが、先日
「ご愛顧割を活用してF-12Cに機種変更」
しました。この回線は、月々サポートなどの割引が一切受けられないので、
「パケット通信をせずWi-Fiでメールやネットをする」
ことで、経費をできるだけ抑えることが重要です。一方で家族や友人に連絡先を教えるのはこの回線だけなので、解約やMNPはせずに大事に扱います。

2.データ回線
これはインターネットなどデータ通信を行うための回線です。
外出先でネットを閲覧する時にはこの回線を使用します。
またこの回線でテザリングを行うことで、メイン回線でメールを受信したり、ネットを閲覧できるようにすることで、メイン回線のパケット通信を抑えることが出来ます。それに加えてテザリングにより外出先でiPadを使用してネットサーフィンをする時にも重宝します。
僕は以前は「007z」「HW-01C」などのPocketWiFiをデータ回線として使っていましたが、今は
「N-06CをMNPで購入」し、
「超高額の月々サポート(4,172円)」
がもらえる回線を手に入れたので、この回線を定額データフラットプランに契約変更して使用しています。
この回線を取得するためのポイントは、
「どれだけ高額の月々サポートを取得できるか」
がポイントになります。

※追記
データ通信のためにはMNP後に音声契約からデータ契約に変更する必要があります。
詳細については
「ドコモの音声プランからデータプランへ変更する際の注意点」
を参照ください。

3.無料通話取得用回線
この回線は家族割引を行って一括請求をしている場合は、2ヶ月後に
「繰り越した無料通話分を家族でわけ合える」
という制度を活用して、この回線自体では一切通話をせず、余った無料通話を、
「メイン回線や嫁の回線の通話料として補填する」
ための回線です。この回線があることによって、メイン回線や家族の通話料を抑えることが可能になります。僕は
「SO-03CをMNP一括0円+2万CB」
で購入した回線を割り当てており、月々サポートは3,640円です。
無料通話取得回線の契約のポイントは、
「タイプリミットバリュー(1,365円)」
「パケホーダイダブル2(2,100円)」

(月々サポートを得るために必要な契約)
の契約のが必要なので、月々サポートの金額が、
「1,365+2,100=3,465円」
以上の回線であれば、ユニバーサル料の5円のみで運用が可能です。
なので今回MNPで契約したSO-03Cは月々サポートが3,640円なため、5円で運用が可能なのです。

この3回線を取得して月々サポートなどの割引を上手に使うことで、1回線単体で通話、メール、データ通信を行うよりも、
「かなり安い維持費で運用が可能」
になるのです。次回は自分がこの3回線を取得したことで、どの程度電話代が減ったのかについて紹介したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:節約
ジャンル:ライフ