2011年10月30日 (日) | Edit |
これまでLED電球の選び方を紹介してきましたが、選択する際のポイントは
「電源のオンオフを頻繁に行なう場所」
(各種電球のコスト比較2~LED電球の方が有利な場合~)
「1日30分以上点灯させる場所」
(各種電球のコスト比較3~白熱電球のままでも良い場合~ )
「一般型LED電球で下方を照らす場合はルーメン表示よりも明るい」
(各種電球のコスト比較6~明るさはルーメンだけでは比較できない~ )

の3つの重要なポイントがあります。

これらのポイントを総合して考えた場合、
「一般型LED電球とダウンライトの相性は抜群」
ということがわかるかと思います。

ダウンライトとは何回か紹介しているように、
DSC_0082.jpg
このような下方向を照らすのに特化した形のライトになります。

そしてLED電球には「一般型」「全方向型」があり、パナソニックのホームページにもあるように、光の広がりは
「一般型は120度」
「全方向型は300度」

となっていて、全方向タイプは最近発売されたということもあり、値段がやや割高になっています。またダウンライトとして使用する場合は、
「下方向しか照らす必要がない」
ので、全方向タイプというのは全くの無駄になるのです。
(詳細は「各種電球のコスト比較6~明るさはルーメンだけでは比較できない~」を参照してください)

これらのことから、
「ダウンライトには一般型LED電球を使うのがオススメ」
なのです。

以前の記事で購入した一般型電球の「LDA7LA1」ですが、

このLED電球は
「トイレでは過剰に明るかった」
ため、この「LDA7LA1」をもう1つ購入して、洗面所に設置しました!
もちろん洗面所のライトも「ダウンライト式」です!

そうすると60wの白熱電球よりも若干白みがかっていましたが、明るさ自体は60wの白熱電球より明るく、「LDA7LA1」は洗面所との相性は非常に抜群でした!

一方でトイレは1日の点灯時間があまり長くないということもあったので、そのまま「60wの白熱電球」で行くことにしました。もう少しLED電球の値段が安くなればいいのですが、短い点灯時間ではもとを取るのが大変ですからね。(詳細は「各種電球のコスト比較3~白熱電球のままでも良い場合~ 」参照)

これで、我が家の「電球交換による節電計画」は完全に終了しましたので、後日その全貌を紹介したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:AV機器・家電製品
ジャンル:ライフ
2011年10月29日 (土) | Edit |
前回の記事「イオンオーナーズカードでキャッシュバック」で、イオンの株を購入することによって得られるカードなのですが、今回もまたキャッシュバックの時期がやってきましたので、紹介します。
aeon2011_1.jpg
今回は「7,642円」のキャッシュバックでした。
いつもの平均は「6,000円」くらいなので、いつもより多く買い物していたようです。

ちなみに僕は2009年2月に株を購入していますので、これまでに、
2009年1回、2010年2回、2011年1回の合計4回キャッシュバックを受けているので、ざっくり計算して、
「6,000×4=24,000円
のキャッシュバックを受けていることになります。
僕は66,000円で株を買っているので、あと8回(4年間)キャッシュバックを受ければ、元が取れる計算になりますね。そうなると株価分まるまるが自分の利益となります。

イオンが周辺のスーパーと比べて特別高いということもないので、このキャッシュバックはかなりおいしいとおもいます。

特に「お客様感謝デー」の日は、「JALカードのWAONチャージポイント」「イオンオーナーズカードのキャッシュバック」をあわせると、
「5%(お客様感謝デー)」
+「1.5%(WAONチャージ+WAON支払)」
+「3%(オーナーズカード100株購入の場合)」
「9.5%」
ものキャッシュバック率となります!

というわけでイオンで買い物を行なう人は、100株だけでも株を購入してみてはいかがでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:便利・お得な情報
ジャンル:ライフ
2011年10月27日 (木) | Edit |
以前の記事で紹介したとおり
「おトクなナイト(時間帯別電灯)のシミュレーションを依頼してみた」
のですが、今回そのシミュレーション結果が出ましたので紹介します。

【測定条件】
・10/14の16時~10/24の16時の10日間測定。
・土日以外は昼間(8時~17時)家に居ない。
 (今回でいえば10/14,15,22,23の4日以外は昼間は家に居ない)
・夜間時間帯に浴室乾燥機、食器洗い機、洗濯機の乾燥を使用
 (浴室乾燥と食器洗い機はほぼ毎日。洗濯機の乾燥は3日ほど利用)

【時間帯別比率測定結果】
DSC_0113.jpg
※測定期間は10/14~10/24の10日間
このように、
おトクなナイト8では夜間電力使用量が43%」
おトクなナイト10では夜間電力使用量が52%」

という結果になりました。

この結果をもとに契約変更による電気料金の試算結果が以下になります。
【電力料金試算結果】
DSC_0111.jpg
※過去1年間の電力使用実績をもとに試算しています。

過去1年間の電気代が「123,366円」なので、
契約変更をすることによって、
「おトクなナイト8では11.6%の電気代削減」
「おトクなナイト10では12.7%の電気代削減」

になるのです!

しかも今回のシミュレーションは計測期間の10日のうちの4日が土日で家に居る機会が多い中での結果なので、更に電気代を抑えられる可能性もあります。

このように
「共働き世帯」で
「家事を夜間に済ませる」

人にとっては、
「おトクなナイト(時間帯別電灯)はかなりお得」
ということがわかっていただけるかと思います。

ただし、
「エアコンを使用する夏と冬の電気使用割合はまだ不明」
なので、電気代が契約変更によって上がってしまう可能性もあります。ただエアコンも夜と朝の使用をメインにしていけば電気代を抑えられるのではないかと思っています。

冬になってエアコンを使用するようになったら、また「おトクなナイト(時間帯別電灯)」が得なのか損なのかを公表したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:便利・お得な情報
ジャンル:ライフ