2017年09月22日 (金) | Edit |
前回の記事
「実質料金でのBIGLOBEとmineoとUQ Mobileの3社の料金比較」
では、契約台数が1台の場合は
「mineoよりbiglobeの方がお得」
という内容をご紹介いたしました。

しかしこの比較が複数台の契約の場合だと
「mineoの方がお得」
になる場合が多くなります。その理由は下記の2点です。

1.初期費用がBIGLOBEは増えるがmineoは減る
BIGLOBEでパケットをシェアする場合は
「シェアSIM」
の契約が必要です。シェアSIMの契約は事務手数料とSIM準備料で
「1台あたり3,665円の費用が追加」
されます。またシェアSIMの契約については当然キャッシュバックの対象外なので、割引が増額することもありません。

一方mineoの場合はパケットシェアする方法は
「パケットギフト」
という方法があるので、回線を増やす場合でも単に契約数を増やす形になります。なので回線追加毎に
「紹介キャッシュバックをもらえる」
様になります。さらに2台目以降は
「1台目を紹介元とすることでキャッシュバックを2重に受け取る事が可能」
※ただし1台目と2台目以降の名義は別でないとキャッシュバック対象外です。
なので、2台目以降の契約については
「合計4,000円のキャッシュバックが受け取り可能」
になるのです。またmineoの初期費用については以前の記事で紹介したように
「約1,300円」
※エントリーパッケージがもっと安く購入できればさらに節約可能
なので、キャッシュバックが初期費用を上回る形になりますので、
「契約台数が増えるほど初期費用が減る」
※正確には初期費用は0円で逆にプラスになります
ようになるのです。

2.月額料金もBICLOBEは増えるがmineoは減る
BIGLOBEのシェアSIM
「1台あたり200円の追加費用」
が発生するので、シェアする回線が増えるほど月額料金が高くなります。

しかしmineoの場合は
「複数回線割引・家族割引」
によって
「1台あたり50円の割引」
になります。なので1台だけ契約する場合と比較すると、月額料金も安くなります。

こういった2つの理由によってmineoがかなり優勢になってきます。
次回は具体的に
「複数台契約する場合のBIGLOBEとmineoのコスト比較」
を行っていきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2017年09月21日 (木) | Edit |
これまでにMVNOの料金比較として、
「UQ Mobile 無制限プランに変わるMVNOはあるのか?」
「BICLOBE SIMのキャンペーンを活用した実質料金」
「mineoのキャンペーンを活用した実質料金」

といった記事を紹介してきました。

今回はこの3社の
「利用通信量に応じた実質料金の比較」
をしてみたいと思います。結果をグラフにまとめてみました。
tuusinnhikaku1.jpg
このように料金についてはエンタメフリーを考慮しなければ
「3GB~12GBはBICLOBE」
「12GB以降はUQ mobie」

という結果になりました。YouTubeをご覧になられる方はエンタメフリーを活用することによってさらに料金を節約することも可能という意味でも、mineoとBICLOBEの比較では
「BICLOBEが優位」
と思います。

私の普段の使用通信量は
「UQ Mobile 無制限プランを3ヶ月使ったレビュー(通信量編)」
「UQ Mobile 無制限プランを3ヶ月使ったレビュー(動画視聴編)」

で紹介したとおり、動画の視聴などを考慮すると
「10~12GB」
などで、現在のUQ mobileから乗り換える価値はありそうです。

ちなみにmineoが今回の結果ではBICLOBEに負けてしまうという結果でしたが、
「複数台でパケットをシェアする場合」
だとmineoの方が有利な場面がでてきます。

次回はその辺についてお話しさせていただければと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2017年09月20日 (水) | Edit |
前回の記事にて、パケットギフトを活用することによって
「mineoの基本プランは3GBでの契約が最もお得」
ということをご説明させていただきました。

その上で今回は、キャンペーンを用いた場合の
「mineoの実質料金」
を紹介したいと思います。

mineoについては今現在、音声契約の月額料金を月額900円割引する
「大・大盤振る舞い12カ月900円割引キャンペーン」
と紹介者と紹介された人に、それぞれ2,000円のギフト券がもらえる
「倍増!紹介キャンペーン」
が行われております。

以下の表で1年間契約を継続した場合の、実質的な割引額を計算してみました。
内訳収入支出
初期事務手数料
(エントリパッケージの購入)
0 940
SIMカード準備料0 425
紹介キャッシュバック2,000 0
合計(A)635
1ヶ月あたり減額される金額(B)(A÷12)53
税別金額に換算(B÷1.08)49
mineo大・大盤振る舞いキャンペーン(900円)900
1ヶ月あたり減額される金額の合計(税別)949
※12か月契約を維持した場合の料金です。

表が少しわかりにくいのですが、要はキャンペーンを活用することによって音声契約であれば税別換算で
「1か月あたり949円」
の割引が受けることが可能です。

この割引額を考慮した上での容量別での料金総額が下記の表になります。
プラン名料金割引実質料金
3GB1,600 949651
6GB(3GBプラン+3GBのパケットギフト購入)2,110 9491,161
9GB(3GBプラン+6GBのパケットギフト購入)2,620 9491,671
12GB(3GBプラン+9GBのパケットギフト購入)3,130 9492,181
このようにキャッシュバックによる割引額を考慮すると10GBまでの使用であれば
「UQ Mobile 無制限プランの1,980円よりも安くなる」
という結果になるのです。

逆にBICLOBE SIMのデメリットとしてあった
「1年縛りによるペナルティー」
についてもmineoの場合は
「MNPでなく純解約であれば違約金は無し」
※1年以内のMNPの場合は12,420円が発生します
なので、この点についてはBICLOBE SIMよりも優位な点だと思います。

さて次回は
「実質料金でのBIGLOBEとmineoとUQ Mobileの3社の料金比較」
を行ってみたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★