2016年02月03日 (水) | Edit |
以前
「おトクなナイトが2016年3月末で新規受付が終了になります!」
の記事にておトクなナイトの新規受付が3月をもって終了するということを紹介いたしました。

その際に、東京電力から後ほど新料金プランを発表するとあったのですが、それがどうやら公開されたようです。
新料金プランについては「こちら」に詳しくまとめられています。

これを見るとおトクなナイトに変わるプランとして登場しているのは
「夜トクプラン」
ということになるかと思いますが、このプランはおトクなナイトと比べておトクなのでしょうか。その比較を行ってみました。

夜トクプランとおトクなナイトの違いを以下の表にまとめてみました。
料金プラン基本料金夜間時間昼間料金夜間料金
おトクなナイト81296円23時~7時23.81~36.68円12.16円
おトクなナイト101296円22時~8時25.92円~39.92円12.41円
夜トク8842.4円23時~7時32.14円20.78円
夜トク12842.4円21時~9時33.76円22.55円
※夜トクプランについては契約電力4kwで計算

基本料金などは若干安くなっているのですが、大きな違いは
「夜間料金の大幅な値上げ」
です。おトクなナイト10と夜トク12を比較すると1kwhで約10円値上げしています。

ちなみに以下の表は我が家のH26年の使用電力量です。
otoku1502-1601.jpg
これをみると夜間の使用電力料は約150~250kwhという事がわかります。つまり夜トク12に変わることで我が家の場合は
「1500円~2500円の値上げ」
ということになります。

これは基本料金の値下げを差し引いてもかなりの負担増になってしまいます。
しかもこの基本料金はあくまで契約電力4kwでの計算結果です。この新料金プランの夜トクプランはスマート契約といって基本料金が過去1年間の自分の使用実績によって基本料金が決まる仕組みです。なので場合によっては契約電力4kwに収まらなくなるということも考えられ、安くなる可能性もあるにしろ、基本料金が固定でないのはちょっと不安な部分でもあります。特に今の契約で
「ブレーカーをよく落としてしまう人」
は今以上に基本料金が高くなる可能性があるのです。

以上のことから考えると、新料金プランの夜トクプランはおトクなナイトと比較して
「夜間電力が圧倒的に高くなる」
「基本料金の価格設定が個人的には微妙」

であることから、あまりオススメできません。

なので、夜間電力プランをご検討の方は
「3月末までにおトクなナイトを契約しておく」
ことをオススメいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2015年11月27日 (金) | Edit |
これまで当ブログで何度も紹介してきた
「おトクなナイト」
ですが、このプランは夜間に電気を多く使う家庭いわゆる
「共働き世帯」
「一人暮らし世帯」

にとってはかなりお得な料金プランであるということを紹介してきました。

しかしこのプランが
「2016年3月31日で新規の受付を終了」
ということです。

これが先日東京電力から送られてきたチラシの一部です。
otokuhaisi_00.jpg
こちらは良い方の記事です。電力自由化でポイントサービスを充実させるとのことでお得感を出しています。
otokuhaisi_01.jpg
こちらが今回記事にしている新規受付終了の記事です。この記事を見ると
「新たなプランを順次公表」
とあるので、もしかしたらおトクなナイトの後継のプランも出てくるかもしれません。

もしこれらプランが公開されるようでしたら改めて記事にしていきたいと思います。
そして、後継のプランがおトクなナイトと比べて劣っているようでしたら、プラン変更を検討されている方は来年の3/31までにおトクなナイトに加入することをお勧めいたします。

とりあえずは後継のプランの公表を待ちたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2015年05月29日 (金) | Edit |
今回は1月~5月分
「おトクなナイト10」
による、電気代節約効果についてご紹介したいと思います。

以前の記事
「おトクなナイト10(時間帯別電灯)は専業主婦世帯ではあまりお得ではない」
でご紹介したとおり、嫁さんが現在育休中なので、この期間の電気料金は専業主婦世帯とほぼ同じ料金体系となっているはずです。それを踏まえて結果をご覧になっていただければと思います。

年月おトクなナイト10従量電灯節約額削減率
2015年1月16,151円16,205円54円0.3%
2015年2月19,769円20,240円471円2.3%
2015年3月18,285円17,569円-716円-4.1%
2015年4月15,559円15,022円-537円-3.6%
2015年5月10,198円10,481円283円2.7%

ちなみに去年の結果は以下の通りです。
年月おトクなナイト10従量電灯節約額削減率
2014年1月13,436円16,148円2,712円16.8%
2014年2月13,687円16,290円2,603円16.0%
2014年3月10,972円13,390円2,418円18.1%
2014年4月9,328円11,419円2,091円18.3%
2014年5月10,536円12,280円1,744円14.2%

このように昼間もほぼ家にいる2015年はおトクなナイトにすることによってほぼトントンもしくはマイナスになることがわかりました。

次にこの1月~5月の電気使用量の比較を示しました。
年月2014昼2014夜2015昼2015夜
1月234315313204
2月240312373262
3月188255362188
4月148227309168
5月166227190150

このように昼間に家にいると
「昼間の電気使用量が大幅アップ」
するだけではなく
「夜間の電気使用量も減少する」
という結果となりました。

これは電気を多く使用する
「洗濯乾燥機」
「食器洗い乾燥機」

の使用が夜から昼にシフトしていることが考えられます。まぁこれは昼家にいるのであれば昼のうちに済ませてしまいたいと思うので仕方がないことかもしれません。

このように昼間に家に人がいて活動している場合だとやはりこの料金プランだと厳しいようです。おトクなナイトは改めて
「昼間家に人がいない共働き世帯向けのプラン」
であることがおわかりになられたかと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★