2019年04月03日 (水) | Edit |
前回の記事
「スマート電球のPhilips Hueを寝室に取り付けて目覚め改善」
にて寝室にスマート電球Hueをを取り付けたというお話をしました。

ちなみにスマート電球やセンサー付きの電球は無線もしくはセンサーで電源のオンオフを行いますが、
「センサーまたは無線の電気は電球経由で取得」
しているため、
「電源スイッチをオフにすると操作できなくなる」
ことに注意する必要があります。ただスマホやGoogle Homeからではなくスイッチでオンオフしたい場合もあると思います。そこでHueの場合は
「Hue Dimmer スイッチ」
によって、オンオフを可能にするようにしています。しかしこのDimmer スイッチも元の電源スイッチをオフにしてしまうと動作しなくなります。

というわけでスマート電球やセンサー付きの電球を設置すると
「電源スイッチを常にオンにする必要」
があるのですが、お年寄りや子供がいると
「つい主電源をオフにしてしまいがち」
です。

そこで購入したのが下記のカバープレートになります。

これをつかって、
「電源スイッチにカバーをする」
ことによって、スイッチを押せなくしました。

まずマイナスドライバーを隙間に入れることで爪を外すと枠が外れます。
switchhue001.jpg
その後、中のスイッチ部分を左側から外します。
switchhue002.jpg
外したらスイッチをオンの状態でカバーをつけます。
switchhue003.jpg
カバーを付けたらその近辺にHue Dimmer スイッチを取り付けします。
switchhue004.jpg
完成!
switchhue005.jpg

作業時間は10分かからなかったと思います。
これでスイッチを不用意に操作されることがなくなりましたので、Hueの使い勝手がよくなり見た目もきれいになります。
かかるコストはごく僅かなので、ご興味のある方は実践していただければと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2019年04月02日 (火) | Edit |
かねてより気になっていたこと、それは朝起きるとき
「音よりも光で起きた方が目覚めがよい」
という、伝説です。パナソニックのホームページでも
「光による目覚めが子供の寝起きの機嫌に与える影響」
を検証した結果があります。

そんな中、先日の楽天セールで
フィリップス LED電球スターターセット「Hue ホワイトグラデーション」 PY47915L
を購入しました。

この電球は無線によって
「スマートフォンで電球のオンオフ」
「タイマーで電球のオンオフ」

が可能となる電球です。

これを寝室に取り付けてみました。
hue_den001.jpg

電球が高価だった分、ペンダイトライトは安いものにしました。




タイマーは6時40分に起床するために、6時10分から徐々に明るくなるようにセットしています。
hue_app001.jpg

しかし、この電球の大きな障壁は価格でなんと
「全部で1万円以上かかっております!」
電球にこの値段はちょっとかかりすぎと言わざるを得ないですが、この手の電球はまだ高価なので、目覚め効果が実際にあるかないかわからない中で、購入するのは若干のギャンブルかと思います。

設置してまだ数日なので、効果はまだよくわからないのですが、何となく目覚めはすっきりしているような気もします。
ただプラシーボ効果かもしれません。今後何か月かやってみて改めて記事にしていきたいと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2011年11月10日 (木) | Edit |
今回は、これまでの内容をまとめて
「電球の選び方のフローチャート」
を以下にまとめてみました。
いままでの内容を全てこの記事にまとめたので、電球の交換を検討している方はぜひ参考にしてください。

elecflow.jpg

たどり着いた結果が、
1.白熱電球だった場合
点灯時間が短い場合は白熱電球のままの方がコスト的に合います。
ただ100wの白熱電球を使用していて、もう少し暗くても良い場合は60wの白熱電球に取り替えれば若干の節電になります。

2.電球型蛍光灯だった場合
電源のオンオフが少ない場合はLED電球よりもコストパフォーマンスの高い電球型蛍光灯がオススメです。
オススメの電球は「パルックボールスパイラル」になりますが、点灯してすぐに明るくなってほしい場所は少し高めの「パルックボールプレミアQ」がオススメです。

また電源のオンオフが多いと電球型蛍光灯は寿命が縮まるので、オススメできませんが、広範囲を照らす必要のある場所かつお金をかけたくない場合は安価な電球型蛍光灯はかなりの灰コストパフォーマンスなので元が簡単に取れます。

3.一般型LEDの場合
電源のオンオフが多くダウンライトなど下方向のみの点灯で十分な場合は「一般型LED」に勝るものはないです。
オススメは「LDA7LA1」ですが、暗くてもかまわない場合は安価なルーメンの小さいLED電球で良いです。

4.全方向LEDの場合
DSC_0083.jpg
のような全方向を照らしたい場合は「一般型LED電球」では光の放射が物足りず、部屋全体が明るくなりませんので、こうした場合は「電球型蛍光灯」もしくは「全方向型LED」を選ぶ必要があります。
ただしここにたどり着いた方はお金持ちな方です!なぜならまだ全方向LEDはまだ高価だからです。
暗くても良い場合は「LDA7LG」、明るさを求める場合は「LDA11LG」を選びましょう。ただまだ高いですね。もう少ししたら値段が下がるかもしれないのでそれまで電球型蛍光灯で我慢するのも方法の1つです。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★