2012年06月18日 (月) | Edit |
以前の記事
「僕が選んだVulkanoFlow/LAVA用のレコーダー紹介【BDZ-SKP75】」
にて紹介したように、ソニー製のブルーレイレコーダー(BDZ-SKP75)をボルカノに接続して約3ヶ月が経ちましたが、そこで今回は、Sonyのブルーレイレコーダー(BDZ-SKP75)を接続するために必要な
「VulkanoFlow/LAVAのリモコン設定」
を紹介したいと思います。

設定ファイルはこちらからダウンロードできます!

VulkanoPlayer
(スマートフォン)
VulkanoPlayer
(PC)
BDZ-SKP75
Channel1Digit 11
2Digit 22
3Digit 33
4Digit 44
5Digit 55
6Digit 66
7Digit 77
8Digit 88
9Digit 99
00Channel Enter,100正常に動作せず
0Digit 0オプション
正常に動作せず
Chan↑Channel+デジタル
Chan↓Channel-BS
LastLast ChannelCS
MenuPowerPower電源
MenuMenuらくらくスタート
InfoInfo/Displayホーム(設定)
BackLast ChannelLastと同様
ExitExit戻る
Menu Up上キー
Menu Down下キー
Menu Left左キー
Menu Right右キー
OKMenu Select決定
Page↑*自由割当てキー割り当てせず
Page↓*自由割当てキー割り当てせず
GuideGuide番組表
List*自由割当てキー
「Digit 0」を割当て
オプション
DVRLiveTV*自由割当てキー割り当てせず
Menu Up上記で割り当て済み
Menu Down
Menu Left
Menu Right
OKMenu Select
一時停止Pause一時停止
停止Stop停止
巻き戻しPage Up次のチャプター
早送りPage Down前のチャプター
再生Play再生
Back*自由割当てキー割り当てせず
Next*自由割当てキー割り当てせず
RecordRecord15秒送り
*自由割当てキーの説明は、
「Android版Vulkano Playerアップデート~リモコン操作が改善~」
で説明した通りです。
今回は「List」「Digit 0」を割り当てた以外は特に割り当てておりません。


今回のリモコン設定のコツですが、早送りと巻き戻しのボタンの代わりに、
「次のチャプターと前のチャプターに割り当てた」
ことです。VulkanoPlayerを使っていて思うのは、動画再生の際の
「遅延が結構大きい」
ので、早送りや巻き戻しをしようと思ってもなかなかちょうどいい場所で止められないのです。それならチャプター移動のボタンを加えた方が、画面の移動がスムーズに行なえます。幸いにもこのBDZ-SKP75は、おまかせチャプターの機能によって、
「オートチャプターの区切りの精度が高い」
のでCMの前後で上手にチャプターを区切ってくれます。

このチャプター移動と「Record」キーに割り当てた「15秒送り」を使えば大体の動画操作は比較的快適に行なうことができます。
しかしながら本当は割り当てられるボタンが多ければ「早送り」も「巻き戻し」も割り当てられれば良いのですけどね。

もしこのリモコン設定をお気に召されたら、ご活用くださればと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:便利・お得な情報
ジャンル:ライフ
2012年06月17日 (日) | Edit |
つい先日、Android版の
「Android版Vulkano Playerがアップデート」
されましたので、そのアップデート内容について紹介いたします。

今回のアップデートのポイントは1つです。それは
「リモコン割当てできるボタンが増加」
したことです。

以下の写真の丸で囲ったボタンについては、これまでは、
「押しても反応しないボタン」
で単なる飾りの状態でした。
vukkano_menu.jpgvukkano_dvr.jpg

これが今回のアップデートでこれらのボタンをタッチすると、以下の様にポップアップメニューがでて、
「割当てできるボタンを選べるようになった」
のです。
vukkano_wariate.jpg

しかしながら、この割当てできるボタンについては、ご自身でこのポップアップメニューの一覧をご覧いただければお分かりになると思うのですが、新しいボタンの種類が増えるわけではなく、
「既存のボタンの種類しか割当てできない」
ので、新たにボタンの種類を増やすことは出来ません。
(例えば「List」に割当てできるボタンの種類は「Power」「Menu」など既存ボタンにあるものしか割当てできないのです)

ただし、「Digit0」についてはリモコンに「0」のボタンがあったものの、正常に動作しませんでしたが、今回割当てできるようになったボタンにこの「Digit0」を割り当て、「Digit0」に新たなボタンを学習させれば、
「1つだけボタンの種類を追加」
できるようになります。

僕は「List」ボタンに「Digit0」を割り当てて、「Digit0」に学習させることでボタンを1つ追加しました。

Android版Vulkano Playerは割当てできるボタンが少ないことが最大のネックなのですが、こうやって徐々に割当てできるボタンが増えてくることは喜ばしいことです。この調子でバージョンアップを繰り返していただければと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2012年03月14日 (水) | Edit |
前回の記事で
「VulkanoFlow(ボルカノフロー)」「VulkanoLAVA(ボルケーノラバ)」に接続する
「おすすめのブルーレイレコーダー」
を紹介しましたが、今回は、
「僕の買ったブルーレイレコーダー(BDZ-SKP75)」
を紹介します。

その購入理由は以下のとおりになります。
1.スカパーHDを見てみたい
現在はe2スカパーでサッカーを見ているのですが、HDの方がハイビジョン放送が多いので快適にサッカーを楽しめるのではないかと思います。ただBDZ-SKP75はSD放送に対応しておらず、10月に対応予定ということなので、それまではe2で我慢する予定です。

2.録画機能がDIGAより充実している
番組名録画やタレント名を指定して録画予約できること、番組表がDIGAよりきれいということも気に入っている点の1つです。
【追記】DIGAでもDimora(遠隔予約サービス)を使用すればキーワード自動録画が可能のようです。
※ひろ様ご指摘ありがとうございます。


3.ブルーレイが見れない問題はPS3で解決できる
ソニーのブルーレイは
「D端子出力にするとブルーレイ再生が見れない」
という欠点があるのですが、それについては僕はPS3を持っているので、こちらを使えばそんなに不便は無いと感じました。

4.値段がかなり安くなってきた!
これは購入の理由としてはかなり大きいです。
ヤマダ電機WEB.COMにて、BDZ-SKP75が、
「57,800円の9,248ポイント(16%)」
でポイント込で48,552円という破格の安さだったのです。ただしヤマダ電機WEB.COMでは、
「長期保証に加入できない」
ので、この値段をもとに近くのケーズデンキで交渉した結果、
「55,000円」で買うことが出来ました。
skp75_1.jpg
ヤマダ電機WEB.COMより6000円位高いですが、
「ケーズデンキの保証は他の家電メーカーに比べてかなり充実している」
ので、これで十分満足です。

5.次期モデルはD端子がなくなる可能性大
DIGAの新モデルはこれまであったD端子がなくなっています!
これだとVulkanoFlow/LAVAで見る画質が低下してしまうので、D端子が付いているうちに購入する必要があると感じたからです。

これらの理由からこの「BDZ-SKP75」は結構オススメの商品だと思います。

また値段的にソニーの現行モデルまたはパナソニックDIGAの旧モデル(X10シリーズ)は共に値段的にはもう底値に近いと思いますので、ブルーレイレコーダーとVulkanoFlow/LAVAを接続して視聴しようと考えている方は、そろそろ購入を検討した方が良いとおもいますので、
「Vulkano Flow/LAVAに接続するブルーレイレコーダーの選び方(1)」
「Vulkano Flow/LAVAに接続するブルーレイレコーダーの選び方(2)」
「Vulkano Flow/LAVAに接続するブルーレイレコーダーの選び方(3)」
を参考にしていただければと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:AV機器・家電製品
ジャンル:ライフ