2019年07月11日 (木) | Edit |
私事ですが、この連休に海外旅行にいくことになってます。海外旅行の際に
「クレジットカードで海外旅行保険を付帯させる」
とお得だということはこれまでにも何回かご紹介させていただいております。

私自身も
「REXカード」
で海外旅行保険が自動付帯されているので、これでも十分なのですが、例えば楽天カードのように
「旅行代金の支払いで海外旅行保険が付帯」
されるカードも少なくありません。その際におすすめなのが、
「空港までの電車賃をクレジットカードで支払う」
という方法です。

飛行機代やホテル代をクレジットカードで払ってしまえばそれでよいのかもしれないですが、旅行会社によってはクレジットカードの支払いを断られてしまうことや、クレジットカードの還元率的に他のカードを使いたいことも少なくありません。そのような状況下で行きの電車賃だけで海外旅行保険の利用付帯になるのはお得だと思います。

一点注意点があるのですが、それは
「切符をみどりの窓口で買わないといけない」
ということです。一部の情報で楽天カードでSuicaチャージを行って、Suica利用明細でも適用になるとの情報もありますが、これはこれで結構手間なので、みどりの窓口で空港までの切符を買うのが一番楽だと思います。

というわけで、今回は海外旅行がらみのお得な情報紹介でした。今回はTwitterをやっているので旅行中はもしかしたらこちらの方から情報提供をするかもしれませんが、その時はまたよろしくお願いいたします。



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2019年07月02日 (火) | Edit |
ここのところ、7Payイオンカードのキャッシュバックキャンペーンと相次いでお得なキャンペーンが展開されていますが、今回紹介する、
「ファミペイも超お得なキャンペーン」
となっていますのでそのご紹介です。
fami002.jpg

1.ファミペイに現金チャージで10%還元
2.ファミマTカードからチャージで15%にアップ
3.2万円分までのチャージが還元対象

つまり15%分の3000ポイントが還元上限です。
4.ファミペイは公共料金やギフトカードの支払いにも対応
これがこのキャンペーンのすごいところです。つまりチャージしたあとで
「電気料金、水道料金の支払い」
「バニラVISAを購入」
「Amazonギフトを購入」

にも使用ができるのです!

ということで私も早速ファミペイアプリをダウンロードして登録をしてみたところ、
「しばらくエラーで新規登録できない」
状態が続いていました。すごい人気です。
fami004.jpg

しばらくしてまたアプリを起動したらちゃんと登録できました。
fami003.jpg

その後、深く眠っていたファミマTカードを起こして登録しました。
早速2万チャージしました。
fami001.jpg

この2万の使い道ですが、私は
「水道料金の支払い」
にしようと考えております。
「バニラVISAを購入後GooglePay経由でSuicaチャージ」
と迷ったのですが、バニラVISAを購入して登録してなど作業がいろいろあるので、それに比べたら水道料金を払うだけの方が楽かなと思ってそうすることにしました。

というわけでこのファミペイキャンペーンは万人にお勧めできるキャンペーンなので、多少面倒な部分もありますが、これだけで2000~3000ポイントがもらえるので、是非やっていただくことをおすすめいたします。

(追記)ファミマTカードの支払い方法を一括にする方法
クレカ好き様からのコメントで情報いただきました。ありがとうございます。
ファミマTカードはリボ専用カードなので、支払い方法をずっと全額払いにすることで利子の支払いをなくすことができます。
1.会員メニューから毎月のお支払い金額変更を選択します。
famit000.jpg

2.ここで「ずっと全額支払い」を選択します。
最初からずっと全額支払いになっていれば問題ありません。
famit001.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2019年07月02日 (火) | Edit |
既に巷では大きな話題となっている
「イオンカード最大20%キャッシュバックキャンペーン」
ですが、私も参戦しようと考えております。

このキャンペーンのポイントを整理すると以下の通りです。
1.期間中に新規カード発行する
 既にイオンカードを発行している人は所有していない別のイオンカードに加入しましょう。
2.イオンウォレットアプリからキャンペーンにエントリー
3.引き落とし口座をイオン銀行に設定
イオン銀行口座を作成する必要があります。イオンカードセレクトをお持ちでない方はこのカードを発行してもOKです。
4.キャッシュバック対象外項目がある
KyashやSuicaチャージは対象外です。nanacoチャージやd払いは今のところ記載がありません。

私の場合ですが、イオンカードセレクトはすでに所有していますので、他のイオンカードを作成する必要がありました。そこで私が選んだカードは
「イオンJMBカード」
になります。その理由は
「ハピタス経由で1250ポイントがもらえた」
ionjmb001.jpg
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
「イオンJMBカードは4000円還元入会キャンペーンをやっていた」
ionjmb0012.jpg
からです。これによって合計で5,250円分のポイントをもらえることができます。

気になる点としては
「20%キャッシュバックキャンペーンと併用ができるのか?」
ということですが、こちらについてはコールセンターで確認したところキャンペーンの併用が可能ということで、今回このイオンJMBカードの新規入会を決めたというわけです。

同様に
「イオンNEXCO西日本カード」
も入会キャンペーンをやっていて、こちらの方がキャッシュバックの額が大きいです。併用が可能かどうかの確認はしてないですが、こちらでもよいかもしれません。私は車も持ってないですし、東日本の在住なのでやめました。

このキャンペーンについては色々と今後も情報が出てくるかと思いますので、引き続き何か新しいことがわかりましたら記事にしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★