2019年05月17日 (金) | Edit |
今回は以前の記事
「AmazonでEchoとリモコン(RS-WFIREX3)がセットで9980円!」
「hueを使わず安いLEDシーリングでスマートスピーカーに対応させる」

でご紹介した、Amazon Echo(アレクサ)とラトック製RS-WFIREX3/4を用いて
「自宅の家電を音声制御する方法」
をご紹介したいと思います。この2つの機器を用いて音声制御させるプロセスは以下のようになっています。

1.アレクサに命令をとばす。
例えば「アレクサ、照明をつけて」と言ったとします。
2.アレクサは命令を受けて、スマートリモコンに指令します。
アレクサに「照明をつけて」と言われたら「スマートリモコンに照明の点灯ボタンを押すように指令する」というルーチンを事前に学習させておくことで、スマートリモコン(RS-WFIREX3/4)に照明の点灯ボタンを押すように指令します。
3.命令を受けたスマートリモコンは照明の点灯ボタンを押す
 これも事前にスマートリモコン(RS-WFIREX3/4)に照明の点灯ボタンとなるリモコン信号を学習させる必要があります。

このようにアレクサに声をかけてリモコンを制御してもらうには
「スマートリモコンにリモコン信号を学習させる」
「AmazonEchoにスマートリモコンを起動してもらうためのフレーズを登録」

という2つの手順が必要になります。

RS-WFIREX3及びRS-WFIREX4にリモコンの信号を覚えさせるには
「スマート家電コントローラ」
というアプリを用いて行います。具体的な方法については
「スマート家電コントローラWEBマニュアル」
に詳しく記載されていますが、多くの家電は
「すでにプリセットが登録されている」
ので、機器の型番を指定するだけで簡単にリモコンが登録できてしまいます。

基本的にはプリセットで登録すればよいのですが、登録する家電の種類によっては
「プリセット登録だと自分のやりたいことをAlexaに指令できない」
という事態が発生します。

例えば
「照明のメモリー登録した照明のボタンが押せない」
「テレビのCMスキップボタンが押せない」

といった事態がおこってしまうのです。

なので、こういったボタンをAlexaから押してもらうようにするには
「手動でリモコン信号を学習させる必要がある」
のです。

そこで次回は
「RS-WFIREX3にリモコンを登録する方法」
をご紹介したいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2019年04月17日 (水) | Edit |
これまで音声SIMをドコモにしておくことのメリットについては
「カケホライト+シェアパック5とガラケー+MVNO二台持ちの料金比較」
などでも紹介させていただいてるのですが、ここで改めてそのメリットを紹介させていただきたいと思います。

1.FOMAプランの方が通話料が安い
音声SIMをドコモにしていると
「家族通話が無料」
になるので、家族に頻繁に電話する人はお得です。

またFOMAのプランでは
「タイプSSバリューで20分の無料通話」
がついています。つまり
「934円(税別)で20分の無料通話付き」
ということになります。ちなみにMVNOの音声プランは
「基本料は700円」
「1分あたり40円の通話料」

なので、
「6分以上通話するとドコモの方が安い」
ということになります。

さらにこのFOMAの無料通話は
「最大3,000円分まで繰り越し可能」
なので、MVNOなどで行っている
「通話定額」
よりも自由度が高いです。

さらに!電話をたくさん行うヘビーユーザーは
「ガラケーなら2,200円でかけ放題」
「DSDVのスマホなら2,700円でかけ放題」

となるので、かなりお得です。ただこのプランは
「2019年5月31日(金曜)をもって新規申込み受付が終了」
となるのでご注意ください。

2.キャリアメールが維持できる
音声回線をMVNOにしてしまうと、キャリアメールが持てなくなるというデメリットがあるのに対して、音声SIMとしてdocomoを残して
おけばキャリアメールを残すことができます。

さらに
「SPモードメールからドコモメールへの移行方法紹介」
の方法を用いてドコモメール化を行えば、ネット回線ができるすべてのスマホ・PCからメールを送受信できるようになります。

しかし最近はキャリアメールがなくてもあまり問題がなくなっておりますし、キャリアメールを維持するのにSPモード(もしくはiモード)の契約が必要で、その分の費用も掛かりますので、キャリアメールを維持しないという選択肢もありかと思います。

3.データ契約の自由度が高い
音声SIMはMVNOでも解約に手数料がかかったりしますが、音声契約とデータ契約を別々にしておくと、自分の好きなタイミングでデータ契約をいろいろな会社に変更することができます。MVNOでは色々なキャンペーンをやっているので、音声契約を別にしておくと、キャンペーンの恩恵に与れる可能性が高くなります。

4.DAZNが980円で契約可能
私にとってはこれが結構重要なウェイトを占めております。普通に契約すると1,750円なので、これだけでも770円の節約になります。

以上が私の考える音声SIMをFOMAで契約しておくメリットです。このメリットを大きいと考えるかどうかは人次第なところがありますが、メリットを感じられる方であれば、FOMASIMを音声契約として別にしておくことは選択肢の一つとして有望だと思います。

次回は
「Xi契約からFOMA契約に戻す方法」
についてまた改めて説明したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2018年12月28日 (金) | Edit |
情報の大切さについては
「情報の大切さ、無知の怖さ」
でかなり昔にご紹介させていただきましたが、情報収集の手段として、
「Twitter」
はかなり有用なツールです。

何を今更!とおっしゃるかたも多いかと思いますが、SNSになじみのない私はこれまであまりTwitterを使用しておりませんでした。しかし最近になって気づいたのですが、情報収集としては
「ブログや5chよりも情報が早く入ってくる」
ことが非常に多いです。

以前の記事で
「ヨドバシカメラでdocomo with対象機とd-02kが一括0円」
をご紹介させていただきましたが、この情報自体は「クロポンモビ」様から仕入れた情報ですが、こうした情報の詳細もTwitterを検索すると見つけることができました。

また12月31日まで、
「ビックカメラでSurfaceGo128GBを購入するとタイプカバーがセットでついてくる」
という情報もTwitterでは見つけることが可能です。
※リツイートしておきました。

ということでTwitterアカウントを開設してみました。私のホームページの左枠に私のツイート一覧が表示されるようにしましたので、こちらもご参照いただければと思います。

また慣れてきたらTwitterの方でも情報をお送りしていければと考えておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★