2020年02月21日 (金) | Edit |
今回は個別株購入銘柄の38回目
「リテールパートナーズ(8167)」
について、購入理由などをご紹介したいと思います。

1.財務安定なスーパー銘柄
この会社は九州地区に拠点をもつスーパーです。スーパーだと基本的には好景気・不景気にかかわらず必要な業態なので、景気には比較的左右されにくいと思います。またこの会社の財務を見てみます。

【換金性の高い資産:421億】
現金:18,684,320千円
売掛金:1,328,471千円
有価証券:8,556,868千円
土地:27,064,904千円
→13,532,452千円(50%を資産として換算)
【負債合計:403億】

ネットネット株には遠く及びませんが、換金性の高い資産(土地は半値の評価をしているので安全域は高めにしています)だけで負債を上回っていて、自己資本比率も67%あるので、当面の資金繰りは問題ないと思います。

2.配当について
この銘柄の配当は1株18~20円、優待が100株で2000円分のギフト券なので、実質的な総合利回りは、現在の株価(816円)では
「4.6~4.9%」
になるので、まぁまぁの利回りです。今後の配当継続性が問題となりますが、
「現状の配当性向は優待券込でも50%を下回った状態」
「売り上げは維持されている」

といった点では問題ないと思います。問題なのは
「販管費の増加」
で主に人件費がその理由のようですが、ここの費用増加については決算のタイミングで見ていかないといけないなと思っています。

3.まとめ
基本的には100株ですし、財務も比較的良好なので、優待で長期保有していきたいと思っています。
財務の安定性や、費用の様子などをみながら保有していきたいと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2020年02月16日 (日) | Edit |
楽天カードのあとからリボ払いキャンペーンについては以前
「楽天カードのあとからリボ払いキャンペーンがかなりお得です」
でもお知らせしたのですが、このキャンペーンは手軽かつ確実にもうかるので改めてご紹介させていただきたいと思います。
rakuten_atoribo003.jpg

1.キャンペーン概要
キャンペーン内容は微妙に変わっていくのですが、基本的にはキャンペーン期間中に
「20,000円以上リボ変更・・・1,000ポイント」
「30,000円以上リボ変更・・・2,000ポイント」
「50,000円以上リボ変更・・・3,000ポイント」

をもれなくもらえるキャンペーンです。

2.注意点
ショッピングリボのお支払いコースが
「2万円未満」
の会員が対象となります。なのでリボの支払い金額を
「19,000円」
にしましょう!

3.基本的なリボ手数料
もらえるポイントから各リボ金額に対する発生するリボ手数料を差し引いた利益を表にまとめてみました。
5万3万2万
当月リボ残50,000 30,000 20,000
1か月後リボ残31,000 11,000 1,000
2か月後リボ残12,000 0 0
3か月後リボ残0 0 0
1か月後発生手数料625 375 250
2か月後発生手数料387 137 12
3か月後発生手数料150 0 0
もらえるポイント3,000 2,000 1,000
実質の儲け1,838 1,488 738

このように基本的には5万円リボに変えた方が儲けは多くなります。

3.ほぼ毎月開催される
このキャンペーン基本的にはほぼ毎月開催されます。そこで注意点となるのが
「毎月エントリーするとリボ残高が膨らんでいく」
という点です。このキャンペーンの注意点として
「毎月の返済額を19000円」
にしないといけないのですが、毎月キャンペーンにエントリーして
「毎月3万をリボ変更」
した場合は
「毎月リボ残額が11,000円増えていく」
ことになるので、リボ手数料がかさんで、利益が減少してしまいます。仮に毎月キャンペーンにエントリーして3万円をリボ変更すると
「キャンペーン1回目の手数料合計は512円」
「キャンペーン2回目の手数料合計は687円」
「キャンペーン3回目の手数料合計は925円」
「キャンペーン4回目の手数料合計は1137円」

となり、効率がどんどん悪くなっていきます。目安としては
「30000円リボ変更する場合は2か月に1回」
「50000円リボ変更する場合は3か月に1回」

エントリーすると、リボ残高を増やさずにポイントをもらうことができます。

リボキャンペーンは気を付けないといけない部分も多いのですが、今回紹介したあとリボキャンペーンはリスクも比較的少ないので、楽天カードをお持ちの方はエントリーして活用することをお勧めします。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2020年02月15日 (土) | Edit |
今回は個別株購入銘柄の37回目
「ユニプレス(5949)」
について、購入理由などをご紹介したいと思います。
2020_yunipuresu001.jpg

1.日産の低迷により業績低迷で株価も下落
ユニプレスは日産向け約8割の自動車用プレスメーカーです。日産の業績低迷は皆さんもご存知の通りですが、その影響もありユニプレスの業績も低迷しており2020年の当期利益は
「前年比70%減の40億」
になってしまいました。この利益水準になることは2009年までさかのぼることになります。株価についても今の価格は2009年代にさかのぼることになるので、株価も業績に追いついて低迷中という感じです。ただ2009年のBPS(約1000円)と今のBPS(約3000円)が全く違うので同じ株価であれば今の方が割安であるといえます。

2.配当について
1株あたりの配当は55円、優待で100株で保有年数に応じて1000~3000円相当の商品がもらえることを考えると、今の株価(1326円)での配当利回りは
「4.9%~6.4%」
となかなかの高配当です。しかしながら今期のEPSが予想で87円と考えると、この配当を維持すると配当性向がかなり高くなります。バランスシートをみても財務的にキャッシュリッチな感じもないので、25円(約2%)程度の減配は覚悟したほうがいいかもしれません。

3.まとめ
今回の決算発表でかなり株価が下落し、一時1200円台まで下がって、かなりの割安水準にあるのは間違いないので、優待目的で購入しました。しかしながら自動車業界全体の行く末が不透明なので、リスクもあると思います。今回そういったリスク緩和のためにユニプレスの購入と同時に同じ自動車業界のハイレックスコーポレーションを売却しました。ハイレックスコーポレーションもかなり強気の来期業績を発表していますが、この地合いから考えると結構厳しいんじゃないかなと想像しています。ユニプレスについては業績の心配もありますが、優待もあるので気長に保有していきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★