2019年10月17日 (木) | Edit |
今回は個別株購入銘柄の9つ目
「三菱商事(8058)」
について、ご紹介したいと思います。

1.配当利回りが4.5%強
この銘柄の特長は高配当率にあります。さらに三菱商事は
「累進配当」
をうりにしており、減配せずに利益成長に合わせて増配していく方針となっています。つまりこの方針を継続する限りは
「安定した配当収入が期待できる」
ということで、将来配当金収入を期待している方には魅力的な銘柄です。私も今後保有株数を増やしていきたいです。

2.低PER、低PBR
商社株の特長ではあるのですが、三菱商事も低PER、低PBRの銘柄です。資産内容に特筆するものはないですが、ファンダメンタル的に割安の方が下落相場に強いと思います。

3.自社株買いを実施中
令和元年5月から1年かけて、3000億円を上限とする自社株買いを実施しており、10月現在で約半分が終了しています。予定取得株数が全株式の1,590,076,851株に対して、120,000,000株、つまり7.5%の株式を市場から取得するとのことです。浮動株が約7.9%なので、これと比較するとかなりの買い圧力になります。また年間の営業日は約245日なので、1日当たりの取得株数は約49万株です。これまで自社株買い開始日からの平均出来高が約517万株なので、出来高の約10%は自社株買いということになります。これはかなり大規模な自社株買いであることがわかります。

4.懸念材料
(1)当社海外連結子会社での損失発生について
損失は300億とのことで、次の決算発表で修正があるかもしれません。しかし本業に影響があるアクシデントではないので、大きく下がるようであれば買いのチャンスと考えています。
(2)自社株買い終了後の地合い
来年の5月に自社株買いが終了しますが、これだけ大きな自社株買いが終了するとその反動も大きそうです。価格次第では一度利確するかもしれません。

ちなみに買ったタイミングは9/18です。ちょうど上記の損失のニュースがでる直前でした。
2019_mitusyo001.jpg
2019_mitusyo002.jpg
全く持ってタイミングが悪いのですが、やはり
「下落相場を待ってから購入する」
という鉄則を守って投資するべきだなと改めて感じました。

下落相場を待つことによるデメリットは、そのまま上昇してしまって完全に買いのタイミングを逃すということになりますが、そうなったら諦めるというメンタルを今頑張って身につけようとしています。ふられた彼女に未練を残すのではなく、次の出会いを見つける努力をするのに似ています。ただそのメンタルを得るにはまだ至っておらず、また同じ失敗をするかもしれないです。これは継続して努力していかないといけないなと思います。

三菱商事自体は高配当であることから、長期的には老後の年金生活になった時にはお世話になる可能性の高い銘柄なので、これからも注視しつつ、行く末を見ていきたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2019年10月13日 (日) | Edit |
これまで増税後の決済方法の紹介として
「増税後お得にキャッシュレス決済を行う方法(1)国の制度説明編」
「増税後お得にキャッシュレス決済を行う方法(2)PayPay編」
「増税後お得にキャッシュレス決済を行う方法(3)楽天ペイ編」

をご紹介してきましたが、今回は
「d払い・LinePayなどのQR決済をまとめて紹介」
させていただければと思います。なぜまとめてなのか、それは
「基本的な還元率がPayPayや楽天Payに劣る」
からです。つまりこれらの支払い方法は
「キャンペーンなどが開催されているとき限定」
で使用するのがよいです。

1.d払い
d払いについて、定期的に
「20%還元キャンペーン」
を行っています。このタイミングでのみd払いを使用していればよいと思います。しかし、dポイントスーパー還元プログラムのキャンペーン対象のクレジットカードが
「dカードのみ」
となってしまいました。というわけで今後のキャンペーンについても
「dカード」
「口座支払い」
「電話料金合算払い」

の3つに絞られる可能性が高そうです。

2.LinePay
以前はPayトクなどかなり大盤振る舞いしていましたが、今は下火となり、利用する機会が少なくなってしまいました。今後のキャンペーンも
「誰でも最大12%戻ってくる!LINE Pay生活応援祭」
しか、目立ったキャンペーンはなく利用する機会は今後も少なそうです。

3.メルペイ
一時期は
「8月からメルペイの50~70%還元キャンペーンが再び開始!」
「メルカリ、メルペイで支払い額の50~70%還元キャンペーンが開始!」
「メルペイの50~70%大幅還元キャンペーンが再び開始!」

など大盤振る舞いだったメルペイも現在は目立ったキャンペーンはありません。メルペイの場合はたまにやってくるコンビニで使える激安クーポンも売りの一つだったのですが、これも抽選制になってしまい、めっきり魅力はなくなってしまいました。

4.OrigamiPay
Origamiペイにについても
「常時3%還元キャンペーン」
をやっていますが、詳しくは割愛しますが、いずれの条件でも楽天PayまたはPayPayの方が有利な還元率になっています。ただこちらの期限は1月31日までとなっているので、もしかしたらOrigamiを使用する機会はあるかもしれません。また
「10/15よりローソンでコーヒー一杯無料」
が始まるので、お近くにローソンがある場合はオリガミペイを使用するといいでしょう。

以上、その他のQRコード決済についてざっとまとめてみました。今後クレジットカードまたはSuicaなどの電子マネーについて整理していきたいと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2019年10月10日 (木) | Edit |
これまで、増税後の支払い方法について
「増税後お得にキャッシュレス決済を行う方法(1)国の制度説明編」
「増税後お得にキャッシュレス決済を行う方法(2)PayPay編」

について記事にしてきましたが、今回はその第3弾として
「楽天ペイ」
のご紹介をさせていただきたいと思います。

1.基本的還元率は0.5%
楽天ペイは基本的には200円の支払いで1ポイント付与されます。しかし
「クレジットカード経由でチャージする」
ことによってクレジットカードのポイントも併せて付与されます。例えば楽天カードを用いてチャージをした場合の還元率は
「1.5%」
になります。9月30日まではKyashを楽天ペイに紐づけることが可能だったので還元率をさらに上げることができたのですが、現在は3Dセキュア対応のクレジットカードでないと登録することができなくなってしまいます。

2.キャンペーン中は街の利用で5%還元
エントリー必須です!
街での利用で全店舗5%還元されます!期間は
「12月2日9:59まで」
となっております。またこの5%に加えて
「クレジットカードのポイントも別途還元」
されますので、実質的な還元率は6%以上になります。

またこのキャンペーンの重要なポイントは全店舗が5%還元ということで
「キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗かどうかは関係がない」
ということです。楽天ペイのキャンペーンページにある下記の表を見てください。
cashlessrakuten001.jpg
このように
「キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗は楽天ペイは独自還元ゼロ」
「キャッシュレス・ポイント還元事業の対象外店舗は楽天ペイが独自還元」

を実施することで、トータルの還元率を一律5%になるように統一しているのです。というわけで
「キャッシュレス・ポイント還元事業の5%対象店舗はPayPayが有利」
「キャッシュレス・ポイント還元事業の2%対象店舗は楽天ペイが有利」
「キャッシュレス・ポイント還元事業の対象外店舗は楽天ペイが有利」

ということになるのが面白いところです。

最後にこのキャンペーンの注意点としては
「楽天の独自還元の上限が3,000ポイント/期間」
ということなので、全決済を消費者還元事業対象外店舗で行った場合は
「60,000円までの決済について5%還元される」
ということにご注意ください。楽天ペイの支払い可能な店舗に家電量販店もありますが、6万以上の家電を買ってしまうと全額5%還元されませんのでご注意ください。

3.その他のお得キャンペーン
(1)初めての利用かつコンビニとドラッグストアの買い物で800ポイント
エントリー必須です!
まだ楽天ペイを使用していない方で
「コンビニで700円利用」
「ドラッグストアで700円利用」

すると800ポイント還元されます。どちらか一方だと400ポイントとなります。
cashlessrakuten002.jpg

(2)スシローの利用で最大550ポイント還元
エントリー必須です!
スシローでの合計支払額に応じて約10%、最大で550ポイントが還元されます。詳しくはタイトルリンクをご参照ください。
cashlessrakuten003.jpg

(3)初回利用かつ1,500円以上のオンライン決済で300pt
エントリー必須です!
こちらは街での利用ではなくネットでのオンライン決済限定になります。ラクマや無印良品が活用しやすいと思います。
cashlessrakuten004.jpg

4.まとめ
(1)キャンペーン期間中は全店舗で5%以上の還元
キャッシュレスポイント還元事業の対象の有無にかかわらずポイントが5%還元されます。そのため
「キャッシュレスポイント還元事業対象外店舗」
では楽天ペイが高還元率になるのでオススメです。
(2)政府の5%還元対象店舗で支払う場合はPayPayの方がお得
キャッシュレスポイント還元事業の対象の店舗で支払う場合はPayPayの場合10%の還元になるのでPayPayの方がお得になります。事業の対象の店舗かそうでないかで楽天ペイとPayPayを使い分けるのがよさそうです。
(3)初めての利用の場合はキャンペーンを活用しよう
上記の通り初回利用の場合たくさんキャンペーンが用意されているので、ぜひ活用していただければと思います。

次回はd払いについてまとめてみたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★